スポンサーリンク

「屁理屈をこねる」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「屁理屈をこねる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「屁理屈をこねる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「屁理屈をこねる」とは?意味

「屁理屈をこねる」は、放屁のようにすぐに消え去ってしまうようなつかみどころがない物をこねる様を言い、要は、無理に何かを作り出そうとしていることを言います。

つまり、「屁理屈」は理屈という理にかなったものではなく、放屁のように即座に消え去るような理にかなってない理屈であるとしたうえで、それをこねるわけですから、無理なことを言っているという意味になるのです。

「屁理屈をこねる」の概要

「屁理屈をこねる」は、「正論」という理屈の反対を意味する言葉で放屁のように風が吹けば即座に飛んでしまうような理屈を意味します。

ただ、「屁理屈をこねる」「正論」は同じ主張をして何かを述べるという点は同じですので「理屈」という点では同じですが筋が通るか筋が通らないかにおいては、「屁理屈をこねる」は筋が通りません。

しかしながら、「屁理屈をこねる」が悪いことであるかどうかについては必ずしも悪いことではないと言え、その理由は、矛盾した言い分がなぜ生まれたかを考えていくことで事の問題を知ることができる可能性があるため、「理屈」「正論」に勝ることもあるのです。

例えば、会社を休んだ理由を「屁理屈」で部下から述べられた場合、上司は何故そのように思ったかを考えた場合、「屁理屈」で筋が通らなくとも休む理由があったと推測することができ、その休まざるを得ない理由を知ることができます。

「屁理屈をこねる」の言葉の使い方や使われ方

「屁理屈をこねる」は言い訳や責任逃れをする場合に使用する筋が通らない理屈として使用されます。

もしくは、筋を通して話を進めるとややこしい問題になると考えた人物があえて嘘の理屈を述べることも「屁理屈」という言葉で言い表します。

「屁理屈をこねる」の類語や言いかえ

「屁理屈をこねる」の類語や言いかえは、「こじつけ」「論点のすり替え」などはなしの話題をそらそうとすることの他、ごまかそうとする意志がある言葉が類語や言いかえに当たります。

その為、「身勝手な言い分」というのも、「屁理屈」の類語や言いかえに当たり、「屁理屈」そのものであると言えます。

まとめ

「屁理屈をこねる」は、放屁のように即座に消え去り何も残らないかのような筋が通らないいい分ですが、必ずしも悪いことであるとは限らないです。

何故なら、正論は正しいことを意味しますが、正しいが故、相手を傷つけることもあり、それだったらあえて杉を通さず、本質をぼかして述べる、「屁理屈」の方が相手を傷つけずに済む可能性もあります。

もちろん、うそをつくということに当たるのが「屁理屈をこねる」行為であるため、言い方を悪く言えば、自分勝手であるとなるのですが、時にはその自分勝手さで他人を救うことがあるのであれば、「屁理屈をこねる」方が良いということでもあるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典