「居住用」と「事業用」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「居住用」と「事業用」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「居住用」「事業用」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「居住用」とは?

「居住用」の意味と使い方について紹介します。

「居住用」の意味

「居住用」「きょじゅうよう」と読みます。

意味は「人が住んで生活する為の建築物のこと」です。

「居住用」の使い方

「居住用」は、人が住んで生活する為の建築物で、基本的に住宅として使われるものを言います。

不動産用語では「居住用建物」と呼ばれたり、法律用語では「居住用財産」と表記されたりします。

いずれにしても、名義人自身が自分で住んで生活する為に購入する家屋であることを前提に、税金で優遇されることが多くなっています。

また、税法上は建物の他に土地の権利なども含めた名称になります。

人が住む為のものであり、そこをオフィスにして事業を運営することはできません。

「事業用」とは?

「事業用」の意味と使い方について紹介します。

「事業用」の意味

「事業用」は、「ビジネス目的で使用する物件のこと」です。

「事業用」の使い方

「事業用」は、その場所でビジネスを行い、収益を得ることを目的に利用する不動産のことを言います。

具体的には店舗やオフィスビルなど、ビジネスに必要な設備スペースとして利用されたり、投資用のマンションとして利用されることも含みます。

権利者が自ら居住して生活する住宅のことではありません。

基本的に設備として内装工事した場合、退去する際には原状回復しなければなりません。

住居用とは区分が違いますが、最近では不動産サイトでも事業用物件が公開される様になってきています。

「居住用」と「事業用」の違い!

「居住用」「人が住んで生活する為の建築物のこと」です。

「事業用」「ビジネス目的で使用する物件のこと」です。

まとめ

今回は「居住用」「事業用」の違いをお伝えしました。

「居住用は人が住む物件」「事業用はビジネス用の物件」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典