「居宅」と「在宅」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「居宅」と「在宅」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「居宅」「在宅」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「居宅」とは?

「居宅(きょたく)」とは、「小規模多機能型居宅介護施設に分類される自宅以外の施設に、要介護者が一時的に入居して介護を受ける居宅介護」を意味しています。

「居宅」の言葉の一般的な意味は「家・住宅にいること」ですが、「居宅介護」という介護用語として使われることが多くなっています。

「在宅」とは?

「在宅(ざいたく)」とは、「要介護者が(施設ではなく)自宅で、家族・介護サービス事業者の介護を受けながら生活を送る在宅介護」を意味しています。

「在宅」の言葉の一般的な意味は「自宅・住宅にいること」ですが、「在宅介護」という介護用語として使われる頻度が高いのです。

「居宅」と「在宅」の違い!

「居宅」「在宅」の違いを、分かりやすく解説します。

「居宅」「在宅」はどちらも「要介護者が介護を受ける時の方法・種類」を意味していますが、「居宅」「自宅ではない小規模多機能型居宅介護施設で介護を受ける居宅介護(施設介護の一種)」を意味しています。

「居宅」に対して「在宅」のほうは、「自宅で家族の介護や介護事業者の介護サービスを受ける在宅介護」を意味している違いがあります。

一般的に、要介護者の要介護度が上がるほど、「在宅(自宅介護)」のほうが「居宅(施設介護)」よりも「精神的・体力的な負担」が大きくなる違いも指摘できます。

まとめ

「居宅」「在宅」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「居宅」とは「小規模多機能型居宅介護施設に一時的に入居して介護を受けること」「住居にいること」を意味していて、「在宅」「要介護者が自宅で家族・介護サービス事業者の介護を受けながら生活を送ること」「自宅にいること」を意味している違いがあります。

「居宅」「在宅」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典