「川上情報」と「川下情報」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「川上情報」と「川下情報」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「川上情報」「川下情報」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「川上情報」とは?

「川上情報(かわかみじょうほう)」とは、「オリジナル(一次情報)に近くて、意図的な宣伝広告・修飾・加工などが加えられていない情報」のことを意味しています。

また「川上情報」には、「生産者(メーカー)・売り手に近くて、マーケティング(宣伝広告)の影響を受けていない情報」といったマーケティング用語の意味もあります。

「川下情報」とは?

「川下情報(かわしもじょうほう)」とは、「オリジナル(一次情報)から遠くて、意図的な宣伝広告・心理的操作などが加えられている情報」のことを意味しています。

また「川下情報」は、「消費者・視聴者・買い手に近くて、何かをできるだけ高く売りたいというマーケティング(宣伝広告)の影響を受けている情報」といったマーケティング用語の意味合いも持っています。

「川下情報」「マスメディアなどを活用して、消費者・視聴者・国民を特定の購買・支持などの行動に操作する意図を持ってつくられた情報」の側面があるので、「川下情報」を信じすぎることにはリスクがあります。

「川上情報」と「川下情報」の違い!

「川上情報」「川下情報」の違いを、分かりやすく解説します。

「川上情報」「川下情報」はどちらも「商品・サービス・現象などに関連する情報」のことですが、「川上情報」というのは「生産者・メーカー・発信者などに近くて、マーケティング(宣伝広告)の影響を受けていない情報」のことを意味しています。

「川上情報」に対して「川下情報」のほうは、「消費者・買い手・視聴者などに近くて、マーケティングなどの影響を受けている情報」を意味している違いを指摘できます。

「川上情報」とは「オリジナルに近くて意図的な修飾・加工が加えられていない情報」であり、「川下情報」とは「商品・サービスを売りたいとか人を動かしたいとかいった意図・修飾が加えられた情報」なのです。

まとめ

「川上情報」「川下情報」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「川上情報」とは「生産者・メーカー(売り手)に近くて、宣伝・広告・加工の影響を受けていない情報」「オリジナルに近い大元の情報」を意味していて、「川下情報」「消費者・視聴者(買い手)に近くて、宣伝・広告・修飾などの影響を受けて質が変わっている情報」「何らかの意図・操作が加えられた情報」を意味している違いがあります。

「川上情報」「川下情報」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典