スポンサーリンク

「工事管理」と「工事監理」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「工事管理」と「工事監理」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「工事管理」「工事監理」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「工事管理」とは?

「工事管理」とは、工事を動かす責任者で、いわゆる現場監督の事を指します。

ほとんどの場合、その工事のを施工している会社の人間が「工事管理」をすることになります。

主な仕事内容としては、工事の工程を管理したり、工事の順序を検討し決定したり、工事する職人や作業員を手配するなどの工程管理が主の仕事内容となります。

他にも、工事に必要な材料の発注しその管理や、工事を安全に進めるための安全環境の確保、また周辺住民への配慮なども「工事管理」する監督の仕事になります。

「工事管理」をする人は、うべき存在です。

工事の知識などが無く、専門的な話合いが難しい建築主に変わ基本的に工事中においては現場に常駐し、安全に作業が行われているか、工事の品質が保たれているのか、工事の過程を写真撮影するなどして管理するなどの仕事をしています。

「工事監理」とは?

「工事監理」とは、設計図通りに工事が進んでいるか確認する事を言います。

図面上だけでは現場側に伝えきれない細かい指示や施工計画などを現場で工事している人に伝える役割もあります。

そのため、「工事監理」をする人はその工事の設計者や、その工事に精通している人が任命される事になります。

そのため、「工事監理」をする人は建築主や施主の代理人と言り、専門的な知識がある「工事監理」をする人が適切な工事の施工チェックするのです。

そして「工事監理」をする人は確認事項を、分かり易く建築主へと報告します。

「工事監理」する人は、現場には常駐せずに必要な場合に現場の検査などをして、その都度細かくチェックし、問題があるような場合には現場監督に対して是正を求めたりする事も「工事監理」をする人の仕事です。

「工事管理」と「工事監理」の違い

「工事管理」「工事監理」の違いは、それを担当する人がどちら側に立つかという点です。

「工事管理」をする人は、工事自体を動かす監督の事を指すため、実際に工事の工程を管理したり、安全に工事ができるように管理し環境を整えるのが仕事です。

対して「工事監理」をする人は、専門的な意識がない建築主に変わり、工事がしっかり設計図通りに行われているかを検査し、それを建築主に報告するのが仕事となっています。

そして「工事監理」をする「工事監理者」は、建築基準法により資格が必要になっていますが、「工事管理」をする「工事管理者」においては、原則必要となる資格はありません。

まとめ

「管理」「監理」で混同しやすい言葉ですが、しっかりとその仕事内容については違いがあります。

工事を施工して、安全に建築物が建てられる際にはこのようにしっかりと担当が分かれた監督者を置き、安全に工事が行われているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典