スポンサーリンク

「工夫」と「アイデア」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「工夫」と「アイデア」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「工夫」「アイデア」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「工夫」とは?

よりよい状態、より望ましい状態、より質の高い状態などにするために、いろいろと考えること。

また、考え出された方法や手段のことです。

よくするために考えることや、よくするためのやり方を意味しています。

夕飯を作ることで考えてみます。

仕事をしている方は、帰宅後すぐに夕飯を食べるために、いろいろと苦労をしていることでしょう。

帰宅が遅くなって、そこから食事の準備をしていると、食事を食べる時間が遅くなってしまいます。

遅い時間に食べると睡眠の質に影響を与えたり、肥満の原因になったりします。

そこで、もっと早く夕飯の準備ができなるように考える方もいることでしょう。

献立を決めておく、下ごしらえをしておく、週末にまとめて作って冷凍しておくなど、いろいろと考えられます。

これは、夕飯を早く食べれるようにするための「工夫」ということができます。

こういった、今よりもよくするために考えることや、考え出された方法をこの言葉は意味しています。

「工夫」の使い方

よくするために考えることや、考えた方法や手段のことを指して使用します。

日常的にこの行為は行われており、さまざまな場面で使用されています。

たとえば、スタイルをよく見せるために衣服について考える、運動するための時間を確保するために考える、涼しくするために考えるなどです。

「アイデア」とは?

思いつきという意味があります。

ふっと頭に浮かんだ考えや、目新しい考えのことです。

「うーん、うーん」と一生懸命苦労をして考えることや、ありふれたようなことを考えることではありません。

売れ行きが芳しくない、ある干物店のことで考えてみます。

この店では、アジの干物、サンマの干物など、一般的な干物を販売しているのですが、魚離れの影響なのか、減塩志向が高まっているからなのか、売れ行きがよくありません。

そんなとき、干物を別の形にして販売すればいいのだと思いつきました。

たとえば、干物をお菓子のようにしてしまうのです。

これは今までになかった発想といえます。

今までにない事柄が頭に浮かんだのです。

このような、ある事が思い浮かぶことや、新しい考えのことを、この言葉は意味しています。

「アイデア」の使い方

ふっと思いつくこと、目新しい考えという意味で使用をします。

日常的にこういったことがあり、「アイデア」のおかげで日々の暮らしが便利になっています。

「工夫」と「アイデア」の違い

どちらも考えのことなのですが、同じ意味ではありません。

前者の言葉は、よくするために考えることです。

よくするために、いろいろと頭を回転させることを意味しています。

後者の言葉は、思いつきという意味です。

「よくするために」という意味は含まれていません。

また、苦労をして考えるという意味も含まれていません。

まとめ

考えに関係する2つの言葉ですが、一方は考えをめぐらすこと、もう一方はふっと思いつくことで、意味していることは違います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典