スポンサーリンク

「差配」と「手配」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「差配」と「手配」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

社会に出ると、聞きなれない単語に戸惑うことがあります。

この記事では、「差配」「手配」の違いを分かりやすく説明していきます。

すき間時間を利用して、知識を増やしていきましょう。

スポンサーリンク

「差配」とは?

差配(さはい)とは、家などを管理すること。

また指示を出したり、世話を焼いたりすることも「差配」とよんでいます。

差配とはもともと、不動産の言葉です。

物件の所有者にかわって、アパートやマンションを管理することを「差配」といいます。

またそうした管理をおこなう人を「差配人」と呼んでいます。

差配を業者に委託すると、物件のオーナーは管理の手間をはぶけます。

細かい業務に追われなくていいので、アパートやマンションを負担なく所有できます。

また不動産業界以外でも「差配」は用いられます。

指示する、命じる、取り仕切るという意味合いで使われます。

TPOによって意味合いが大きく異なるのが「差配」です。

「手配」とは?

手配(てはい)とは、先だって準備すること。

必要なものを揃えて、滞りなく物事が進むように処理することです。

手配とはどんな仕事をおこなう上でも、求められる「段取り力」のこと。

段取りとは「何が必要なのかを考えて、ステップごとに行動すること」です。

通常は優先度の高いタスクから、順番に手をつけていきます。

またタスクの内容によっては事前に、アポイントが必要なものもあります。

そうした作業を前もっておこなうことが「手配」です。

手配をうまく進めておくと、段取り良く仕事が進められます。

ビジネスの場では、そうした手配をおこなってくれた取引先に感謝するとき「ご手配いただき、ありがとうございます」といいます。

自分のために取り計らってくれて、ありがとうございますという意味になります。

「差配」と「手配」の違い

どちらも「配る」という漢字があるため、見間違えやすいです。

「差配」「手配」の違いを、分かりやすく解説します。

・管理する「差配」、準備の「手配」
「差配」「手配」はどちらも、同じような熟語に思えます。

けれども語句の意味が、微妙に異なっています。

「差配」は物件の管理をおこなうこと、そして仕事の指示を出すことです。

仕事の担当者になることも「差配する」といいます。

そして、あらかじめ準備をおこなうのが「手配」です。

前もって相手先に連絡したり、予約をおこなったりする作業を「手配する」といいます。

取り仕切ることが「差配」、あらかじめ手はずを整えておくことが「手配」です。

まとめ

「差配」「手配」の違いを分かりやすくお伝えしました。

差配とは、管理すること。

差配人は物件の管理人をあらわします。

そして手配とは、あらかじめ準備や予約を済ませておくこと。

段取りよく仕事が進むように、やれる事はやっておく作業になります。

差配はおもに不動産業界で用いられる言葉です。

そして手配はビジネス全般で使われる表現になります。

似ている熟語の差を知って、仕事のできるビジネスマンを目指していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典