スポンサーリンク

「希望格差」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「希望格差」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「希望格差」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「希望格差」の意味

将来に希望が持てる人と絶望する人との間に生じる違い

「希望格差」の解説

「希望格差」「きぼうかくさ」と読みます。

意味は「将来に希望が持てる人と絶望する人との間に生じる違いのこと」です。

将来自分で努力すれば報われると思い希望を持てる人と、努力しても報われない、一生苦労するであろうと絶望する人とにはっきりと分かれている状態を表します。

バブルの時代に「勝ち組」「負け組」という層が生じ、人々がそれに自分を当てはめる様になったことから使われる様になりました。

現在の若者の「無気力」「いじめ」「自殺」「ニート」「ひきこもり」などは、「希望格差」「負け組」の特徴と言われています。

「希望格差」の使われ方

「希望格差」は、社会問題を話題にした時に使われる言葉です。

「希望格差が開くと自殺者が増える」などと言います。

また、「希望格差」がはっきりと表れている社会の状態を「希望格差社会」と言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典