スポンサーリンク

「帳票」と「伝票」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「帳票」と「伝票」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「帳票」「伝票」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「帳票」とは?

「帳票」はお金のやり取りを記入する書類のことで、「伝票」のように入出金というやり取りを記載する書類のことです。

ただし、例外もあり、お金以外のやり取りの記載があります。

この時、入金だけや出金だけを記載するのも「帳票」です。

その為、「伝票」も実は帳票の項目の中の一つでお金のやり取りを記載しています。

他にもお金のやり取りをする「帳票」は、入金や出金の伝票が当たりますが、「帳票」は仕組み上延々とお金のやり取りを記録に残しておくものではないです。

延々と気力にお金のやり取りを残す場合、帳簿を使用します。

なお、「帳票」はお金以外を記載することが可能で、例えば取引先の企業の情報などを細かく記載することが許されます。

「伝票」とは?

「伝票」は、お金のやり取りを記載します。

「帳票」と同じ意味を持ちますが、あくまでお金のやり取りの身を記載しますので、企業という個人の情報を細かく記載することはありません。

「帳票」と「伝票」の違い

「帳票」「伝票」の違いは、細かく個人を特定することが可能なデータを含めるか否かです。

「帳票」は取引をしている企業などのデータを細かく記載できますが、「伝票」はあくまでどういった企業と取引をしてお金のやり取りがあるかだけを記載します。

その為、細かな企業のデータを見る場合、「帳票」の方が詳しい記載があります。

「帳票」の例文

・『健康診断の診断書は帳票扱い』
この例は健康診断の診断書は実は「帳票」扱いになるという例です。

その理由は、「帳票」の定義が細かなデータを扱うことにあり、個人という細かな健康データを企業側が預かるという立場から「帳票」扱いになります。

「伝票」の例文

・『仕入れ伝票を紛失した』
この例は、仕入れにかかった費用を掲載した書類を亡くしたという例です。

「仕入れ伝票」は仕入れにかかったお金のやり取りを記載した書類であるため、それを紛失したという例になります。

まとめ

「帳票」「伝票」の違いは、記載可能な項目が必ずしもお金だけのやり取りではないというのが違いです。

「帳票」は実は、お金以外のやり取りを記載することが許されており、例えば健康診断の診断書は「帳票」のデータ書類として扱います。

その為、もっと言えば、取引先の会社の個人データをまとめ上げて「帳票」として一元管理することも可能でそれをさらにずっと保管して持っておこうとした場合帳簿にしておけば延々とその取引先がどうであるかというデータが残ります。

ただ、データはあくまで紙面で記したデータであるためパソコンのクラウドデータサービスにデータを預け入れるのとはわけが違い、劣化による消失や火災による消失も考えられるため、絶対に長期間保存することができるわけではないです。

ただ、クラウドサービスも長期的にデータを預けることが可能であるかどうかは疑問で、クラウドもサービスが終了することを考えた場合、紙面でのデータ保存は安全性においては第3者が盗み出すことの他火災や紙面の消失が起こらない限り安全であるといえます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典