スポンサーリンク

「幅広く活躍する」とは?意味や言葉の使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「幅広く活躍する」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「幅広く活躍する」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「幅広く活躍する」の意味

「ひとつにとらわれず分野をまたいで立派な働きをする」「異なる複数のジャンル、領域でめざましい実績を上げる」

「幅広く活躍する」の解説

幅広く活躍するとは「ひとつの分野にとらわれず分野をまたいで立派は働きをする」または「異なる複数のジャンル、領域でめざましい実績を上げる」ことを意味します。

「幅広く活躍する」の幅広くという言葉には複数の分野やジャンル、領域や部門など異なる能力を要求される別々の場所でという意味が含まれます。

「幅広く活躍する」は全く異なる才能、能力を要求される場所においてそれぞれ確かな結果を出すという極めて難易度の高いことを成し遂げている人に対しその事実を褒め称える意味を込めて使われれる言葉です。

似たような表現としては「マルチな才能を発揮する」という言葉があります。

「幅広く活躍する」の使われ方

「幅広く活躍する」という言葉は通常一つの分野だけでも活躍するのは大変なのに複数の分野で活躍しているのはすごいことである、という賞賛のニュアンスが込められています。

一般的には肯定的な意味合いで使用されます。

「幅広く活躍する」の幅広くがどの程度の範囲を示すのかについては明確な定義はありません。

そのためどの程度の分野をまたぐのか、どの程度の実績を上げたときに使われるべきなのかは人によって判断基準が異なります。

少なくとも2つ以上の分野で確かな実績を残している必要がありますが、人によっては3つ以上の分野で活躍していなければ幅広くには該当しないという意見もあり2分野でしか実績を上げていない人は「幅広く活躍する」がふさわしくないという見方もあります。

活躍する分野やジャンルが離れていればいるほど「幅広く活躍する」という言葉がふさわしくなります。

この言葉には「多彩な才能を持つ人物」という意味合いが込められているため活躍するために必要な才能が異なり兼ね備えるのが難しいほどふさわしい表現となります。

例えば執筆活動とスポーツ活動、アーティストと経営者など全く異なる分野であるほど活躍の幅が広いと見なされやすくなります。

「幅広く活躍する」の例文

・『音楽活動だけでなく演技に執筆と幅広く活躍する』
・『彼女は幅広く活躍できる豊かな才能の持ち主だ』
・『どこにいっても彼の話を耳にしない日はないほど幅広く活躍している』
・『幅広く活躍できるようにいろいろなジャンルの本を読んで知識を学んでおきましょう』

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典