スポンサーリンク

「幼児食」と「離乳食」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「幼児食」と「離乳食」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「幼児食」「離乳食」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「幼児食」とは?

「幼児食」は大人と変わらない食事に移行する家庭の食事で、まだ歯がきちんと生えそろっていない幼児に与える食事やすでに歯が生えている幼児用の食事です。

また、「幼児食」はすでに幼児自身が自ら進んで食べることができる食事でもあります。

「幼児食」の使い方

「幼児食」は自らが進んで食べることが出来る食事でかつ幼児が食べるものに対して使用する言葉です。

その上で「幼児食」は歯が生えそろっている幼児を対象とした食事を指すこともあります。

「離乳食」とは?

「離乳食」は母乳という食事から固形物の食事に移り変わる前段階の食事です。

その上で大人が幼児に食べさせる食事でこの段階ではまだ幼児は自ら進んで食事をとることはできないのです。

「離乳食」の使い方

「離乳食」はまだ、幼児自体が自ら進んで食べることができない場合、家族の手を借りて食べる固形物ではない食事です。

その為、使い方については自ら食べることができない幼児の食事を「離乳食」と呼びます。

「幼児食」と「離乳食」の違い

「幼児食」はすでに歯が生えそろっていて自らが進んで食べることができるものを指します。

一方で離乳食はまだ、幼児自体が進んで食べることができない場合、家族の力を借りて食べる食事です。

つまり、幼児が自ら進んで食べられるかそうではないかです。

「幼児食」の例文

・『そろそろ幼児食でいいのでは?』

この例文は、幼児に与えている食事を歯が生えそろったことから幼児用の大人と同じ食事に切り替えてもよいのではないかという意味になります。

この場合は、大人と同じ食事に切り替えますが、注意点は必ずしも大人が食べることができる硬さの食事ではないことです。

まだ赤ちゃんはかむ力が弱いため、大人と同じ食事でも柔らかくするなどの工夫を必要とするため幼児用に食事を作り替える必要性があります。

・『幼児食の作り方を調べよう』

この例文は家族の方が幼児用の食事を調べようという例文です。

「幼児食」は大人と同じ食事を可能とすることですが、幼児によってかむ力が異なるため成長過程に応じて硬さを調べる必要があります。

この例文は、そうした幼児用の食事の硬さを調べるということを記しています。

「離乳食」の例文

・『そろそろ離乳食は良いのでは?』

この例文はそろそろ歯が無い幼児用の食事を終え、歯がある幼児用の食事に切り替えるよう進言している文章です。

「離乳食」は歯がない幼児用の食事でまだ、硬い物を食べることが出来ない幼児向けの食事であることを指し、「離乳食」という言葉を用いて自分の赤ちゃんがどの程度成長し食べることができるのかを記しているのです。

・『離乳食はどれが良いかな?』

この例文は、歯が生えていない幼児用の食事の作り方あるいは市販されている商品を選んでいると解釈します。

この場合、「離乳食」を選んでいるという部分が注目すべきポイントですでに「離乳食」を食べることができるかあるいは「離乳食」をこれから食べるように訓練するかのいずれかです。

まとめ

「幼児食」「離乳食」の違いですが、決定的な違いは歯がある幼児用とそうでないかです。

「幼児食」は歯がある幼児に向けた食事で大人と同じ食べ物ですが、幼児自身のかむ力などがさまざまであるため外見上はやわらかい食べ物を「幼児食」とします。

一方で「離乳食」はまだかむ力および歯がない幼児用の食事であるため、固形物ではないという特徴があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典