スポンサーリンク

「広く浅く」と「一点集中」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「広く浅く」と「一点集中」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「広く浅く」「一点集中」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「広く浅く」とは?

「広く浅く」の意味と使い方について紹介します。

「広く浅く」の意味

「広く浅く」「ひろくあさく」と読みます。

意味は、「知識や交流関係などについて、広い範囲や多方面に及んでいるけれども、ひとつずつに対しては詳しくなかったり、強い結びつきはない様子のこと」です。

「広く浅く」の使い方

「広く浅く」は、知識や趣味の範囲、交流関係など、自分に関わるものごとついて、広い範囲や多くのジャンルまで及んでいるけれども、それぞれの内容に関しては掘り下げていなかったり、強い結びつきはない様子のことを言います。

あらゆるものごとについて、名前や概要などは知っているけれども、詳しい内容までは分からなかったり、多くの人と知り合いになっているけれども、二人きりで腹を割って話せる程の人は少ない時に使われます。

「広く浅く」は、話題が豊富でコミュニケ―ションがとり易いメリットがある反面、これだけは人に負けないというジャンルがないというデメリットもあります。

「一点集中」とは?

「一点集中」の意味と使い方について紹介します。

「一点集中」の意味

「一点集中」「いってんしゅうちゅう」と読みます。

意味は「ものごとのある部分に狙いを定めること」です。

「一点集中」の使い方

「一点集中」は、ものごとのある部分に狙いを定めることを言います。

一般的には、目的となる言葉を補い「今度の試験は数学に一点集中する」などと使われます。

あるものごとの一つの部分だけを重点的に掘り下げることを表し、そのものごとに対して真剣に取り組んでいる様子を表す言葉です。

ただし、短期間で一時的に終るものごとに対して使われることが多くなります。

「広く浅く」と「一点集中」の違い!

「広く浅く」「広い範囲や多方面に及んでいるけれども、ひとつずつに対しては詳しくなかったり、強い結びつきはない様子のこと」です。

「一点集中」「ものごとのある部分に狙いを定めること」です。

まとめ

今回は「広く浅く」「一点集中」の違いをお伝えしました。

「広く浅くは多くを少しずつ」「一点集中は狙いを定める」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典