スポンサーリンク

「廃人生活」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「廃人生活」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「廃人生活」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「廃人生活」とは?意味

「廃人生活」は、病気がかなり進行しているがぎりぎり、生命が脅かされない範囲で生活ができていることです。

ただ、「廃人生活」は通常の日常生活とは大きく異なり、言ってしまえば、生きているだけであると言っても過言ではないです。

つまりは、「廃人」である病気についても様々な物があり、ギャンブル依存による生活費の算出ができなくなることによる貧困、薬物による正常判断ができなくなる問題による通常の生活ができなくなるという問題など様々な要素を含め、日常生活が行えなくなってはいるがかろうじて生きている状態を「廃人生活」と呼びます。

「廃人生活」の概要

「廃人生活」よいう言葉ですが、元々、廃人と呼ぶべき人々は、日常生活が困難でした。

その為、通常であれば、病気のケアを行うのが社会生活および日常生活を行うための治療だったのです。

ですが、現実問題で、「廃人生活」とは、病気となった際、病気のケアを受けることなく、日常生活らしい生活をしている者です。

何故、そうなるかですが、薬物が原因だったり、ギャンブル依存で依存症の治療を受けるだけの現金がないなどの場合、病気のケアを受けることができないため、「廃人生活」は病気のケアを受けられずに生きていることをさします。

つまり、社会問題の一つが、「廃人生活」で自業自得で廃人となったものに対しては、誰も手助けをしないが故孤独に一人で病気のケアをすることなく生きてもらうことを「廃人生活」という言葉で近年言い表しているのです。

「廃人生活」の言葉の使い方や使われ方

「廃人生活」という言葉は、日常では使用せず、また自分自身の生活がそうであると決めて使用する言葉ではないです。

この言葉は、病気を持っているが治療をしてない人物でかつ悲惨な生活をしている者に対して使用する言葉であるが故、すでに病気を持ち悲惨な生活をしている人物が自分が悲惨であると自覚してない場合、成立しない言葉になります。

その為、第3者がその人物を見て悲惨な生活をしていると判断した場合、「廃人生活」という言葉を用いて病的な生活をしていると表現できるのです。

無論、すでに病気を持ち悲惨な生活をしている人物に自覚があり、自ら「廃人生活」であると述べるのは正しい使用法で、要は、自覚があれば病気を持ち悲惨な生活をしている人物本人が、「廃人生活」であると述べてもよいのです。

「廃人生活」の類語や言いかえ

「廃人生活」の類語および言いかえですが、病気を持っていることを自覚したうえでケアをせず過ごすことであれば、「悲惨な生活」が類語および言いかえに相当します。

まとめ

「廃人生活」は一種の社会問題で、言ってしまえば、病気となったものがケアを受けずに生活をしようとすればするほど、日常生活が遠のくという問題です。

解決には、第3者が介入するのが望ましいのですが、恐らく、介入は難しく、その理由は、ケアを必要とする人物が自分は正常であると感じていることもあり、第3者の介入が難しい社会問題であると言えます。

しかも現在は、インターネット中毒も「廃人生活」の一つの引き金になるため、無自覚で進行する病気であるとも言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典