スポンサーリンク

「廃盤」と「廃番」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「廃盤」と「廃番」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「廃盤」「廃番」は、どちらも「はいばん」で読みは同じですが、意味の違いを知っていますか。

この記事では、「廃盤」「廃番」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「廃盤」とは?

「廃盤」は、製造を中止したレコード盤のことです。

「盤」には、おおざら、台状の道具や機械、曲がりくねるという意味があります。

レコード盤は、主に樹脂などでできた円盤に音声や音楽を記憶させたもののことです。

盤には振動が刻み込まれており、その音の振幅の振動を取り出すことで、記憶されている音を再生することができます。

「廃番」とは?

「廃番」は、製造を中止すること、製造を中止した品物や品番のことです。

台帳から製造番号を消すことから、このような意味になりました。

「廃」には、すたれる、だめになる、やめるという意味があり、「番」には、かわるがわる事にあたる、常用の、順序、組み合わせという意味があります。

「廃盤」と「廃番」の違い

「廃盤」「廃番」は、ともに製造を中止するという意味がありますが、「廃盤」は製造が中止されたレコード盤についてを意味しています。

「廃番」はレコード盤以外のことについても、製造が中止されたものに関して使用される言葉です。

まとめ

「廃盤」「廃番」は読み方は同じでも、何の製造が中止されたのか指すものが異なっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典