スポンサーリンク

「廊下」と「通路」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「廊下」と「通路」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「廊下」「通路」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つの違いや使い方を把握して、是非とも日々の生活に役立てたり、取り入れてみてください。

スポンサーリンク

「廊下」とは?

最初に「廊下」の意味をご説明致します。

「廊下」の意味とは、先ず建物があるとします。

その建物の部屋と部屋を行き来するための、細い通路という意味があります。

基本的に学校の教室の外に廊下があると思いますので、イメージしやすいはずです。

「通路」とは?

次に「通路」の意味を解説していきます。

「通路」の意味とは、基本的に通り道という意味がありますので、しっかりと把握してください。

その他の意味としては、行き来するという表現や互いに連絡を取り合うという意味合いがありますので、是非とも把握して、ご自分なりに活用してみてください。

「廊下」と「通路」の違い

ここでは「廊下」「通路」の違いを説明していきます。

「廊下」「通路」の違いについては、上で解説をした意味に照らし合わせていくと、簡単に違いが理解できるのです。

前者の場合は、学校を想像するだけで「廊下」のイメージは出来るかと思います。

また、後者の方は、通り道という意味と、連絡を取り合うことや行き来という意味合いで使われることがあります。

したがって使い方はこのようになります。

先ず「廊下」の使い方ですが、「今日は廊下掃除と先生が言っていた~」という使い方が非常に分かりやすいでしょう。

また、「通路」の使い方としては、「この通路を遮断すれば輸送はできなくなってしまい~」という使い方がイメージしやすいはずです。

以上が「廊下」「通路」の違いと使い方までを解説しました。

参考にして、ご自分のスキルアップ等に繋げてみてください。

「廊下」を使った例文

次の項目では「廊下」を使った例文を書いていきます。

・『廊下は走ってはいけないと言っていた』
・『廊下掃除はモップを使うことが決まっているよ』
・『今日の廊下は非常に綺麗に清掃されている』
・『参観日の日は廊下で保護者が雑談している』
・『廊下を歩いていくと理科室がある』
以上が「廊下」を使った例文となりますので、是非とも参考にしてみてください。

「通路」を使った例文

ここでは「通路」を使った例文を書いていきます。

・『この通路は昔からある通路だと言っていた』
・『今日も学生たちが通路を行き来している』
・『通路の整備は自治体がきちんとしているようだ』
・『お互いに通路していたようだ』
・『今日は卒業式だ。この通路を通るのも今日が最後か』
以上が「通路」を使った例文となります。

是非とも参考にして、ご自分で適切と思われるシーンや会話等で使いこなしてみてください。

「まとめ」

最後に「廊下」というのは、部屋と部屋を繋ぐ細い通路を意味しております。

学校や総合病院を想像されると分かりやすいでしょう。

そして、「通路」というのは、通り道という意味です。

また、行き来することやお互いにやり取りがあるという意味合いでも用いられます。

ご自分で参考にして、役立てていただけましたら幸いです。

以上が「廊下」「通路」の違いや使い方のまとめとします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典