「建設」と「工事」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「建設」と「工事」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「建設」「工事」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「建設」とは?

「建設」の意味と使い方について紹介します。

「建設」の意味

「建設」「けんせつ」と読みます。

意味は「土木作業により、道路や橋などの構造物を造ること」です。

「建設」の使い方

「建設」は、建築物を初め、道路や橋・ダム・堤防など、人々の暮らしを向上させる為に構造物を造ることを言います。

具体的には「道路・トンネル・橋・堤防・鉄道・公園・埋立地・港」など、人々が暮らしやすい様に土地に加工を加えることを言います。

また、自然のままでは災害時に危険であると判断されたものに対しては、安全性を確保する目的で構造物を造ります。

何かを造ることで、人が快適に、安全に暮らせる様になることが目的です。

「工事」とは?

「工事」の意味と使い方について紹介します。

「工事」の意味

「工事」「こうじ」と読みます。

意味は「物を製作・製造する仕事、特に、土木建築などの作業」になります。

「工事」の使い方

「工事」は、建築物や構造物を造ったり、土地や物を加工する作業全般のことを言います。

大型の機械や重機などを使って土地を整備したり、既存の建築物や構造物に加工することも含みます。

「道路工事」は、道路を舗装したり、土中に埋まっている水道管を修繕する作業です。

「配線工事」は、住宅で壁や土中にある電気の配線を加工する作業です。

「建設工事」は最もよく使われる表現で、住宅やマンション、商業施設など、あらゆる構造物を造り上げる作業になります。

大掛かりで何かを造ったり、改造したりする作業の総称ですので、幅広く使われます。

「建設」と「工事」の違い!

「建設」「土木作業により、道路や橋などの構造物を造ること」です。

「工事」「物を製作・製造する仕事、特に、土木建築などの作業」です。

まとめ

今回は「建設」「工事」の違いをお伝えしました。

「建設は構造物を造る」「工事は大掛かりな土木作業全般」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典