スポンサーリンク

「弱み」と「弱点」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「弱み」と「弱点」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

同じ漢字が使われていても、言葉のあらわす雰囲気がまったく異なる単語もあります。

この記事では、「弱み」「弱点」の違いを分かりやすく説明していきます。

正しいニュアンスをつかんでいきましょう。

スポンサーリンク

「弱み」とは?

弱みとは、その人が持っている「もろい部分」のこと。

あまり表に出したくない、こわれやすい箇所のことです。

「弱み」はその人が感じているコンプレックスです。

そのため「どんな部分を弱みだと思っているのか」は人によって異なります。

「弱み」は普段は、心の奥底に隠されているもの。

他人にとやかく言われたくない、急所のことです。

「弱みを見せない」というと、強がって自分の欠点をさらけ出さないこと。

反対に「弱みを見せる」というと、ありのままの自分をさらけ出すことです。

また他人の弱みを悪用することを「弱みにつけこむ」「弱みを握る」といいます。

こちらは良くない例えです。

「弱点」とは?

弱点とは、その人が持つウィークポイントのこと。

短所や欠点など、苦手と感じている部分を指します。

どんなに完璧に見える人でも、それなりの弱点を抱えているものです。

計算が遅い、人前で話すのが嫌い、体を動かすのが苦手。

その人が感じている「100点ではないパーツ」が弱点になります。

そのため20点で弱点と捉える人もいれば、70点も取れているのに弱点だと感じる人もいます。

明確なボーダーラインがないのが弱点です。

弱点は「苦手意識のある部分」なので、そうした欠点をのりこえることを「弱点を克服する」といいます。

また一部分でも穴埋めすることは「弱点を補う」です。

自分の弱点と、うまく付き合っていきたいものです。

「弱み」と「弱点」の違い

どちらも瓜二つの言葉ですが、意味が異なっています。

「弱み」「弱点」の違いを、分かりやすく解説します。

・悩みは「弱み」問題は「弱点」
「弱み」「弱点」は、どちらも短所や欠点のこと。

そのため就職の面接では「あなたの強みと弱みを教えてください」「あなたの長所と短所を説明してください」と聞かれることもあります。

この場合の「弱み」「弱点」とは、どちらも「その人自身が至らないと思っている箇所」のことです。

どのくらい自分のことを客観的に判断できているか、知るために使われます。

また「弱み」「あの人は決して弱みをさらけ出さない」など、その人の気質をあらわすこともあります。

また「弱点」「当社の弱点をカバーする取り組み」など、企業や団体が抱えている問題点をあらわすこともあります。

心に抱えた悩みは「弱み」、問題点は「弱点」です。

まとめ

「弱み」「弱点」の違いを分かりやすくお伝えしました。

「弱み」「弱点」には欠点、短所など共通の意味があります。

どちらも同じように用いられていますが、心にある悩みを「弱み」

企業や団体の問題点を「弱点」と区別することも多いです。

弱みや弱点は誰にでもあるもの。

使い方次第では、大きな武器に変えていくこともできます。

言葉の奥深さを知って、力強い人生を歩んでいきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典