スポンサーリンク

「強火担」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「強火担」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「強火担」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「強火担」とは?意味

「強火担」は、アイドルグループの中のどの人物かを強く推していく人物のことを指し、強くアイドルを推す担当という意味です。

主に、ジャニーズアイドルグループの中の自分が推す人物を強く推すことを「強火担」といい、アイドル関係に主に使用するのが「強火担」になります。

「強火担」の概要

「強火担」は2019年ごろに使用され始めた言葉で、ジャニーズアイドルグループのうちの一人の身を強くお勧めする担当者のことを指す言葉として登場しました。

なお、当時は読み方が分からなず、「強火担」はつよびたんなのか、きょうかたんなのか分からないという問題があり、未だ読み方は定まっていません。

その為、きょうかたんやつよびたんと読む人物が未だどちらが正しい読み方であるかを議論するなど読みかたすら定まってません。

さらには、ごうかたんと読む方もおり、かなり業が深いとまで言われる始末です。

「強火担」の言葉の使い方や使われ方

「強火担」は、アイドルグループの中の一人だけをお勧めする際に使用します。

もしくは、アイドルグループすべてをお勧めするのも許されます。

「強火担」を使った例文

・『嵐の強火担』
この例は、嵐というアイドルグループを強くお勧めする担当者であるという例になります。

嵐は、2020年に活動を停止しました。

しかし、「強火担」という言葉自体は、2019年に生まれた言葉なのでまだ当時は嵐は存続しており、これからも続くと思われていたが故、嵐をお勧めする担当であると述べる「強火担」が使用されていたのです。

・『昔はスマップの強火担だった』
この例は、対象者が昔は、スマップというグループを強く推していたという例です。

スマップは2016年に解散したうえで、「強火担」という言葉はまだスマップが解散した当時には存在していません。

その為、この文章ではだったという過去形で昔にスマップというグループを周囲にお勧めしていたとしているのです。

まとめ

「強火担」というアイドルをお勧めする、もしくはグループの一人をお勧めする言葉ですが、2019年ごろに登場したということもあり、どの世代のグループをお勧めするかにより、おおよそ、今主流のグループであるか、そうではないかすらわかるというのは、面白い言葉にあるといえます。

その上で、読み方がさらなる面白要素を作っており、つよびたんやきょうかたんの他にさらなる強者を指す、ごうかたんなどの呼び方があるなど未だ、読み方すらわかってない点が「強火担」という言葉の面白さにあるといえます。

何故なら、未だに読み方についてアンケートを取るなどをしていて読み方は何と読むかを答えてもらう等アイドル関連の情報を発信しているブログでも使用されている言葉だからです。

恐らくこの言葉は、たくさんのアイドルグループが存在する中、誰をお勧めするかを表明することで周囲から理解を得るための言葉として生まれたと思われますが、中にはアイドルを多数おすすめする人物もいたりとまさに業が深いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典