スポンサーリンク

「当日」と「即日」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「当日」と「即日」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「当日」「即日」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「当日」とは?

「当日」は、該当する曜日という意味で用いられる日本語になり、意味においては今日か明日か、それ以降の指定された曜日という意味になります。

指定された曜日とは、「当日」という言葉を切り出した側の都合か、「当日」という言葉を聞いた側の都合に合わせた曜日です。

「当日」の使い方

「当日」は、運送関係者や、約束事を持ち出す際に使用する言葉で、明日以降または指定された期日に約束事を果たす際に使用します。

運送関係者の場合、商品である荷物のお届けを「当日」にお届けとし、時間帯などや曜日を指定してお届けすることになります。

「即日」とは?

「即日」は、その日のうちに実行される約束事や条件を指す言葉です。

約束事については、商品をお届けするなどの他、販売許可を発行するなど様々で、条件とはそれが施行されることでどうなるかということになります。

「即日」の使い方

「即日」という言葉の使い方は、主に運送関連で使用される言葉で、条件として使用される言葉です。

例えば、「即日」出荷であれば注文が確定したその日のうちに出荷を促すという意味になります。

なお、これよりももっと早い出荷方法という物も存在しており、「即時」という言葉があれば注文確定後即座に出荷体制に入り、最も早くに商品を依頼者に届けることを可能とするのです。

「当日」と「即日」の違い

「当日」「即日」の違いは、基準となる約束事の速さが異なります。

「当日」は今日か明日、それ以降の曜日であるに対し、「即日」は今日のうちであるという違いです。

「当日」の例文

・『こちらの商品は当日出荷となります』
この例は、商品の出荷が、今日か明日、またはそれ以降にあるという例で、いつごろ出荷し、手元に商品をお届けするかは確定していないという例です。

いつ頃商品が届くのかという正確な日程を知ることができるのは、「即日」「即時」お届けの場合正確な情報を知ることができます。

「即日」の例文

・『こちらの商品は、即日対応いたします』
この例は、商品をその日のうちに出荷することができるとしています。

「即日」であるため、荷物がいつごろに到着するかを把握しやすい点が利点であると言えます。

なお、最も早い出荷法であれば「即時」出荷という方法が一番早い出荷法でこちらであれば商品注文が確定すれば即座に出荷体制に入り、商品を届けます。

まとめ

「当日」「即日」の違いは、基準となる約束の執行の速さが異なります。

「当日」は言ってしまえば、約束事を持ち掛けた人物の都合によりいつ頃になるかという部分が柔軟に変化しますが、「即日」であれば今日中に約束が果たされます。

それよりももっと早くに約束を果たしてもらいたいのであれば、「即時」というのが最も約束事を果たす速さが速いので、「即時」に約束事を果たすよう催促することも「当日」「即日」を約束を果たすという条件であると仮定した場合、一つの約束を早期解決するための手段であると言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典