スポンサーリンク

「後味の悪い話」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「後味の悪い話」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「後味の悪い話」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「後味の悪い話」の意味

「聞いた後に不快感や疑問などが残る話」

「後味の悪い話」の解説

「後味の悪い話」「あとあじがわるいはなし」と読みます。

意味は「聞いた後に不快感や疑問などが残る話のこと」です。

「後味」とは「食べたり飲んだりした後、口の中に残る味」という意味で、「後味が悪い」は、「食べたり飲んだりした後に、口の中に苦味や渋みなど、不快な味が残ること」になります。

ここから転じて、話を聞いた後に、不快に感じたり、違和感や疑問を覚えたりして、納得のいかない様子に使われる様になりました。

「後味の悪い話」の使われ方

「後味の悪い話」は、悪い結果に終わったり、残酷さや恐怖、あわれみなどを感じる話題に対して使われます。

「何とも後味の悪い話を聞いてしまった」「結局皆が不幸になるなんて後味の悪い話だね」などと言います。

話す側ではなく、聞いた側が使うことが多い言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典