スポンサーリンク

「後継」と「後任」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「後継」と「後任」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「後継」「後任」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「後継」とは?

「後継」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「後継」「こうけい」と読みます。

「後継」「前任者や、師匠、先輩などから、事業や地位などを引き継ぐこと。

また引き継いだ人」
を意味する言葉になります。

ビジネスシーンでも頻繁に使われることばで、仕事の担当者が、若手に引き継がれて、仕事相手に紹介する場合は、「後継の担当者を紹介します」と言います。

また、飲食店が、現在の店主から、息子に引き継がれるときも「後継」という言葉を使うことができます。

「来年から、この店は、後継の息子が仕切ります」などという文章を作ることができます。

「後継者(こうけいしゃ)」という言葉で使うことも多く、跡を継ぐ者がいない場合は「後継者不足に悩む」と言い、跡を継ぐ者に恵まれている場合は、「良い後継者がいて、うらやましい」などと言われることになります。

「後任」とは?

「後任」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「後任」「こうにん」と読みます。

「後任」「前の人に代わって任務に就くこと。

またその人」
という意味があります。

例えば、誰かが退社したとき、同じ職場の人が、退社する人に変わって任務に就くことになります。

このような時、「退社するAさんに代わり、後任は、Bさんになる」などと言います。

また、前任者に代わるような人材がいない場合は、探す必要があります。

このような時は「後任を探す」という言い方をします。

他にも、「後任の人事にもめる」とか、「公認候補にCさんが名乗りを上げた」などと言う使い方をすることができます。

「後継」と「後任」の違い

「後継」「後任」の違いを、分かりやすく解説します。

「後継」「前任者や、師匠、先輩などから、事業や地位などを引き継ぐこと。

また引き継いだ人」
を意味し、「後任」「前の人に代わって任務に就くこと。

またその人」
という意味があります。

似たような意味を持つ言葉で、「何かを引き継ぐ」という意味では共通する意味を持つ言葉になります。

しかし「後継」で引き継ぐのは、「事業や地位」なのに対して、「後任」で引き継ぐのは、「任務」になります。

「事業や地位を継ぐ」ということは、会社のオーナーを継いだり、王様の地位を継ぐような大きな意味があります。

一方で、「任務を継ぐ」ときは、事業内の一部にすぎません。

このように「後継」の方が、引き継ぐものの規模が大きく、「後任」は引き継ぐのが任務のみという違いがあります。

まとめ

「後継」「後任」の違いについて見てきました。

同じように「引き継ぐ」という意味がある言葉ですが、「後継」の場合は「王の座を継ぐ」場合もあるなど、スケールが大きな言葉になります。

2つの言葉の意味の違いを知ると、使い分けることが容易になりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典