「御礼」と「感謝」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「御礼」と「感謝」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「御礼」「感謝」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「御礼」とは?

「御礼(おれい)」とは、「自分に対してよくしてくれた相手に対して、ありがたいと感じた気持ちを丁寧な言葉・贈り物(品物)で表現すること」を意味している言葉です。

「御礼」という表現は、「相手に対して具体的な発言・物品によって、感謝している気持ち(お世話になっているとの気持ち)を表すこと」を意味しているのです。

例えば、「お世話になった人への御礼として、地域の銘菓の詰め合わせを送りました」などの例文で使えます。

「感謝」とは?

「感謝(かんしゃ)」とは、「お世話になった相手(よくしてもらった相手)に対するありがたいという気持ち・感情」を意味している言葉です。

また「感謝」の表現には、「相手に対するありがたいという気持ち(お世話になりましたとの気持ち)を言葉や品物で表すこと」という意味合いもあります。

例えば、「過去に助けてもらった親友には、ずっと感謝し続けています」「ほんの感謝の気持ちですので、品物を受け取ってください」といった例文で使用できます。

「御礼」と「感謝」の違い!

「御礼」「感謝」の違いを、分かりやすく解説します。

「御礼」「感謝」「自分によくしてくれた相手に対するありがたい(お世話になりました)という気持ち」を意味している点では同じなのですが、「御礼」のほうが「感謝」よりも「相手に対する言動・贈り物によってありがたいと思う気持ちを表現する意味合いが強い」という違いがあります。

「御礼」というのは、「相手に対してありがたいと感じた気持ちを、具体的な言葉・贈り物の形で表現すること」を意味しています。

「感謝」にも「御礼」と同じ意味があるのですが、通常「感謝」という時には「自分によくしてくれた相手に対するありがたいと思うポジティブな感情そのもの」を意味しているという違いを指摘できます。

「御礼」「具体的な言葉・贈り物」を必ず伴いますが、「感謝」のほうは「ありがたいと思う自分の気持ち・精神状態」だけを意味することもある違いがあるのです。

まとめ

「御礼」「感謝」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「御礼」とは「相手に対してありがたいと感じた気持ちを言葉・贈り物で表現すること」を意味していて、「感謝」「よくしてもらった相手に対するありがたいという気持ち」「ありがたいと思う感情を表すポジティブな言葉・物品で表すこと」を意味している違いがあります。

「御礼」「感謝」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典