「復調」と「回復」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「復調」と「回復」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「復調」「回復」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「復調」とは?

「復調」は、調子がもとの状態に戻ることことです。

主に体の状態が正常に戻ることを意味します。

「食養によって復調した」のように使用します。

また、「復調」には変調された電波信号から原信号を再生することや、その操作という意味もあります。

「回復」とは?

「回復」は、悪い状態のものがもとの状態に戻ること、もとの状態に戻すことを意味します。

体の状態について、機械の状態について、電車のダイヤについてなど、さまざまなことに使用できます。

「温泉に入って疲労が回復した」「ダイヤの乱れを回復させる」のように使用します。

他にも、一度失ったものを取り返すという意味も持っています。

「名誉を回復する」のように使用します。

「復調」と「回復」の違い

「復調」には、調子が正常な状態に戻ることという意味があります。

主に体の調子について使用される言葉です。

「回復」には、悪い状態から正常な状態に戻るという意味があります。

体のことでも、体以外のことに関しても使用される言葉です。

悪い状態から正常に戻る場合には、主に「回復」が使用されます。

体に関してであれば「復調」「回復」も使用できますが、体以外のことには「回復」を使用します。

まとめ

「復調」「回復」は似たような意味を持っていますが、どのような対象に関して使用するのかが異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典