スポンサーリンク

「心ぴょんぴょん待ち」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「心ぴょんぴょん待ち」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「心ぴょんぴょん待ち」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「心ぴょんぴょん待ち」とは?意味

「心ぴょんぴょん待ち」は、アニメ、ご注文はうさぎですか?のオープニングテーマ曲の中にある歌詞の一部分に「心ぴょんぴょん待ち」というフレーズがあります。

この言葉は、アニメの一説から派生し、様々な言葉に生まれ変わっているアニメ界隈やネット界隈で知られる言葉として置き換わっています。

「心ぴょんぴょん待ち」の概要

「心ぴょんぴょん待ち」は、元々はアニメのオープニングの中に登場した言葉で、様々な派生があります。

派生については、例えば、「心がぴょんぴょんするんじゃあー」という言葉がありますが、実はこの言葉は2つの言葉から派生した言葉です。

一つは、アニメのごちうさのオープニングのフレーズである、「心ぴょんぴょん待ち」ともう一つは、近年知られるようになったネット界のミーム現象を引き起こした、変態糞親父の「気持ちええんじゃあー」という言葉から派生したのです。

これら派生が生み出されるのには条件があり、一つは、難民というアニメに救済を求める者がいること、もう一つはその年にネット上で話題になった物が合わさることで元々の言葉から別の言葉が生み出されることが多々あります。

「心ぴょんぴょん待ち」の言葉の使い方や使われ方

「心ぴょんぴょん待ち」は実は、言葉としてはあまり使用されておらず、カラオケなどのフレーズで耳にしたり、アニメなどのオープニングでよく耳にする程度です。

どちらかというと、「心ぴょんぴょん待ち」というフレーズから派生した新しい言葉の方が良く使用されており、例えば、「心がぴょんぴょんするんじゃあー」などの方がごちうさ難民の人々が良く使用する言葉になり、実は、本来のアニメのフレーズは使用されないことが多いです。

「心ぴょんぴょん待ち」の類語や言いかえ

「心ぴょんぴょん待ち」は、類語や言いかえが存在し、例えば、韓国語で言いかえるや英語で言いかえるなどの他、「心がぴょんぴょんするんじゃあ」という言いかえや類語があります。

いずれも心が弾むことを言い表しているのが特徴で、アニメにおいても「心ぴょんぴょん待ち」とは、心が弾むことであると解釈されています。

なお、ニコニコ百科事典においては、世界中の「心がぴょんぴょんするんじゃあ」という言葉の翻訳がされており、世界中でどのように言えば、「心がぴょんぴょんするんじゃあ」と言えるかを知ることも可能です。

まとめ

「心ぴょんぴょん待ち」は、アニメが社会的にヒットし、社会現象となることで知られるようになったアニメのオープニングのフレーズです。

そのフレーズが知らずのうちに派生して生まれたのが、「心がぴょんぴょんするんじゃあ」になります。

しかも、ご注文はウサギですか?のアニメ自体が世界中で公開され、様々な言語で翻訳されたことから「心がぴょんぴょんするんじゃあ」もなぜか翻訳され、現在ではニコニコ百科事典でその翻訳語を見ることができるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典