「必死にする」と「一生懸命する」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「必死にする」と「一生懸命する」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「必死にする」「一生懸命する」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「必死にする」とは?

「必死にする」とは、失敗すると取り返しがつかないといった気持ちを持って、全力で物事をすることという意味で使います。

「死に物狂い」という言葉がありますが、同じ意味合いとなります。

「彼も自分が責任をとらなければならないとわかれば、必死にするはずだ」「自分の立場を考えて必死にするも、失敗に終わった」などと使います。

「一生懸命する」とは?

「一生懸命する」とは、命がけで物事をする、全力をあげてするといった意味になります。

仕事、趣味、対人関係において「一生懸命する」といった心がけ、行動の人は好感を得られることでしょう。

「一生懸命すると言ったのに、何もしていないじゃないか」「彼女は、何事も一生懸命するタイプだ」「勉強を一生懸命すると、父に約束して学費を出してもらった」などと使います。

「必死にする」と「一生懸命する」の違い!

「必死にする」「一生懸命する」の違いを、分かりやすく解説します。

この言葉は、人が物事に対して頑張っている際に使われる言葉という共通点はあります。

ですが、意味合いに違いがありますのでふさわしい方を選び使う必要があります。

「必死」というのは、失敗すれば取り返しがつかない、後がないといった意味があります。

ですから「必死にする」とは、切羽詰まった状況で頑張るしかないと、どこか追い詰められたようなニュアンスがあります。

一方で「一生懸命する」は、命がけで物事をする、全力をあげて何かをするといった意味で使います。

人から言われて嫌々といったことではなく、自分から積極的に行動する時、やる気を見せる時にこのような言い方をします。

例えば仕事を頑張るといった時は「必死にする」よりも「一生懸命する」の方がふさわしいでしょう。

まとめますと「必死にするは失敗できない、後がないという気持ちで物事に当たること」「一生懸命するは、命がけ、全力をあげて物事に当たること」となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「必死にする」「一生懸命する」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの意味を理解して、ふさわしい方を選び使うようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典