スポンサーリンク

「志事」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「志事」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「志事」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「志事」とは?意味

「志事(しごと)」とは、「志を持って自発的に行う、社会や人の役に立つ仕事」を意味する造語です。

「志事」「自己啓発・仕事改革・社会貢献」などのためにつくられた造語であるため、国語辞典などの項目としては記載されていない非公式の言葉になります。

「志事」は一般的な「仕事」と比べると、「しごとを通じて、社会に貢献したり他者の役に立ったりしたいという志・信念の強さ」が格段に強いとされています。

「志事」の概要

「志事」という言葉の元ネタは、「自己啓発セミナー+企業のイメージアップのための講演およびエッセイ」などにあるとされています。

「志事」という造語は、「自分から自発的に率先して働き、社会や顧客(他者)の役に立つための志を持っている若い人材を育成するため」につくられたという経緯があるのです。

企業側からすると、「仕事を志事にすること」によって仕事にやりがいを感じたり仕事の本質的な意味を理解したりすることができるという「自己啓発・自己暗示の効果」に期待することができるのです。

「志事」の正確な意味を知るためには、「仕事・私事・死事」との意味の違いを知る必要があります。

・仕事……会社・上司などに仕えて生活(お金)のために義務的な姿勢でする仕事。

・私事……個人的な利益や目的のためにする仕事。自分が好きなことをやるだけの仕事。

・死事……社畜を典型として、命令されて嫌々ながらする仕事。ただ人生の時間を食いつぶすだけの無駄な仕事。

「志事」の言葉の使い方や使われ方

「志事」の言葉の使い方は、「自分なりに利他的な志を持って行う仕事」を意味して使う使い方になります。

「志事」という造語は、「社会貢献・公共の利益・顧客(他者)の満足などの利他的な目標を達成するために、志や信念を持ってする仕事」を示唆して使われているのです。

「志事」の造語は主に、「会社・経営者の側の目線で、会社や社会(公共)に自発的に奉仕するための人材を育成する」という自己啓発や自己変革の文脈で使われることが多くなっています。

「志事」を使った例文(使用例)

・『志事によって利他的な職業キャリアを切り開くことができれば、あなたの天職に自然に巡り合うことができるでしょう。』
・『私事や死事ではなく志事を実践することによって、自らの仕事にプライドと充実感を感じられるようになるのです。』
・『志事にはポジティブな志を立てて社会の役に立つ仕事をするニュアンスがありますが、ブラック企業が労働者のやる気搾取に利用する恐れもあります。』

まとめ

「志事」という自己啓発的な言葉の意味・概要・使い方について解説しましたが、いかがでしたか。

「志事」とは、「社会の発展や顧客の満足に役立とうとする志(信念)を持って自発的・積極的に取り組む仕事」を意味しています。

「志事」という造語の意味や使い方について詳しくリサーチしたい人は、この記事の解説をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典