スポンサーリンク

「忘年会」と「慰労会」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「忘年会」と「慰労会」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「忘年会」「慰労会」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「忘年会」とは?

「忘年会」「ぼうねんかい」と読みます。

意味は「会社で一年の労苦をねぎらい、辛いことを忘れる為に開かれる会のこと」です。

会社の同僚や友人同士、サークルなどで、一年の終りにお酒や食事を楽しみ、「今年も色々あったけど、嫌なことは忘れて来年も頑張ろう」とお互いをねぎらう目的で開かれます。

会社によっては行事として開かれ、半強制参加になるところも多くあります。

「慰労会」とは?

「慰労会」「いろうかい」と読みます。

意味は「仕事で成果を出した人や、大きなプロジェクトを終わらせた仲間同士などで、労苦をねぎらう為に開かれる会のこと」です。

会社で業績に大きく貢献した人や、重要なプロジェクトを無事に終わらせて目標を達成した仲間などが集まり、お酒や食事を楽しみ「よく頑張ったな」と努力をねぎらう目的で開かれます。

「打ち上げ」が共通のプロジェクトに参加した人同士で開く会に対し、「慰労会」は個人的に成果を出した人をねぎらう会にも使われます。

「忘年会」と「慰労会」の違い!

「忘年会」「会社で一年の労苦をねぎらい、辛いことを忘れる為に開かれる会のこと」です。

「慰労会」「仕事で成果を出した人や、大きなプロジェクトを終わらせた仲間同士などで、労苦をねぎらう為に開かれる会のこと」です。

まとめ

今回は「忘年会」「慰労会」の違いをお伝えしました。

「忘年会は一年の苦労を忘れる会」「慰労会は苦労をねぎらう会」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典