スポンサーリンク

「応援」と「サポート」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「応援」と「サポート」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「応援」「サポート」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「応援」とは?

「応援」「おうえん」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「人に力を貸して助けること」という意味で、人が何らかの行動する時に、より高い結果を出せる様に手助けすることを言います。

2つ目は「競技や試合などで、選手やチームに声をかけたり拍手を送ったりして励ますこと」という意味で、味方の選手や良いプレーをする選手に頑張って欲しいと思い、態度で表すことを言います。

上記に共通するのは「相手を励ます」という意味です。

「応援」の使い方

「応援」「人に力を貸して助けること」「競技や試合などで、選手やチームに声をかけたり拍手を送ったりして励ますこと」という意味で使われます。

名詞として動詞を伴い「応援する・した」「応援される・された」と使われたり、副詞として「応援して」と使われたりします。

基本的に、人の行動がうまくいく様に手助けしたり、言葉や態度で励ますことに使われる言葉です。

「サポート」とは?

「サポート」の意味は以下の通りです。

1つ目は「相手を支持・支援すること」という意味で、相手の立場を尊重して支えることを言います。

2つ目は「ビジネスで、顧客に販売した商品のアフターサービスをすることや、その窓口となる部署」という意味で、商品を購入した顧客に対して、修理や取扱いなどの相談に乗るサービスのことを言います。

3つ目は「情報採掘により支持度のこと」という意味で、企業が持つ大量のデータを分析して、支持度を割り出すことを言います。

上記に共通するのは「相手を支える」という意味です。

「サポート」は英語の「support」が日本語化した言葉で「支える」「力づける」「励ます」「養う」「支持する」「支援する」などの意味があります。

「サポート」の使い方

「サポート」「相手を支持・支援すること」「ビジネスで、顧客に販売した商品のアフターサービスをすることや、その窓口となる部署」「情報採掘により支持度のこと」という意味で使われます。

名詞として動詞を伴い「サポートする・した」と使われたり、副詞として「サポートして」と使われたりします。

基本的に、人を助けたり支えたりする為に積極的に行動することに使われる言葉です。

「応援」と「サポート」の違い

「応援」「人の行動がうまくいく様に手助けしたり、言葉や態度で励ますこと」という意味です。

「サポート」「人を助けたり支えたりする為に積極的に行動すること」という意味です。

「応援」の例文

・『アイドルの活動を応援する』
・『自分のチームを一生懸命応援する』
・『大物政治家が応援演説に駆け付けた』
・『大規模な火事があり、隣町の消防署から応援が駆け付けた』

「サポート」の例文

・『子供の学習をしっかりサポートできる塾がある』
・『シングルマザーをサポートする制度がある』
・『彼は長年社長のサポート役を務めている』
・『使い方が分からなかったのでサポートセンターに問い合わせた』

まとめ

今回は「応援」「サポート」について紹介しました。

「応援」「助けたり励ますこと」「サポート」「支援すること」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典