スポンサーリンク

「念頭に置く」と「念頭に入れる」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「念頭に置く」と「念頭に入れる」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

混同されやすい言葉があります。

この記事では、「念頭に置く」「念頭に入れる」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「念頭に置く」とは?

「念頭に置く」には、常に心にとどめておくれやすい言葉があります。

この記事では、「念頭に置く」「念頭に入れる」の違いを分かりやすく説明していきます。

「念頭に置く」とは?

「念頭に置く」には、常に心にとどめておく、意識に置いておくいう意味があります。

「念頭」とは、心の中の思い、胸の内のことです。

心の中に置く、つまり「念頭に置く」は常に心にかける、忘れないという意味になります。

「胸中」にも心の中という意味がありますが、「胸中に置く」とはしません。

「念頭に置く」は慣用句として使われています。

「念頭に入れる」とは?

考えに入れるという意味で「念頭に入れる」と使われていることがありますが、これは誤りです。

「念頭」には、心の中の思い、胸の内という意味があり、心の中や胸の内には「入れる」ではなく「置く」を使用します。

「入れる」としたいなら「考えに入れる」という使い方をします。

「念頭に置く」と「念頭に入れる」の違い

「置く」なのか「入れる」なのか、間違えてしまわれることがありますが、正しくは「念頭に置く」です。

「念頭に置く」には、常に心にかける、忘れないでいるという意味があります。

まとめ

「念頭」は胸中を意味し、「念頭に置く」という使われ方をします。

「入れる」としてしまうケースが見られますが、「念頭に置く」が慣用句として使われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典