スポンサーリンク

「思います」と「存じます」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「思います」と「存じます」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「思います」「存じます」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「思います」とは?

「思います」とは、「思う」に丁寧語の「ます」をつけた敬語表現です。

「思う」という言葉は、「心の中に表象(イメージ)を浮かべること・感じること・考えること」を意味しています。

「思います」「思う」の丁寧な表現であり、「お忙しいことと思いますが、ご連絡をよろしくお願いします」「私はあなたが正しいと思います」のような文章で使用されます。

「存じます」とは?

「存じます」とは、「思う・知る」の謙譲語である「存じる」に丁寧語の「ます」をつけた敬語表現です。

そのため、「思います」よりも「存じます」のほうが、「相手に対する尊敬の気持ちが強いという印象」を持っている言い回しになります。

例えば、「お忙しいことと存じますが、ご連絡をよろしくお願いします」「あなたのご活躍は以前から存じております」といった例文で使えます。

「思います」と「存じます」の違い!

「思います」「存じます」の違いを、分かりやすく解説します。

「思います」「存じます」はどちらも「何かを心の中に浮かべること・感じること・考えること」を意味していますが、「存じます」のほうが「思います」よりも「相手に対する敬意が強いと感じられる敬語表現」であるという違いがあります。

「思います」という表現は、「思う」という言葉に丁寧語の「ます」をつけただけの敬語表現ですが、「存じます」のほうは、「思う」の謙譲語である「存じる」に丁寧語の「ます」をつけた敬語表現になっている違いを指摘できます。

まとめ

「思います」「存じます」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「思います」とは「思う」に丁寧語の「ます」をつけた敬語表現」を意味していて、「存じます」は「思う・知る」の謙譲語である「存じる」に丁寧語の「ます」をつけた敬語表現」を意味している違いがあります。

「思います」「存じます」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典