「思い直す」と「考え直す」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「思い直す」と「考え直す」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「思い直す」「考え直す」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「思い直す」とは?

「思い直す(おもいなおす)」とは、「心の中で決めていたことを改めること」「感情(気持ち)を改めること」を意味している言葉です。

例えば、「新型コロナの影響で、飲食店の新規出店を思い直しました」といった例文で使うことができます。

「思い直す」の表現には、「考えていたことを改めること」「過去の思い出・記憶などを思い返すこと」の意味合いもあります。

例えば、「彼女と一緒に行った場所を思い直していました」などの文章で使われます。

「考え直す」とは?

「考え直す(かんがえなおす)」とは、「考えていた内容を変えること」「それまでに計画していたことを変更すること・取りやめること」を意味している言葉です。

例えば、「海外旅行の計画を考え直すことにしました」といった例文で使うことができます。

「考え直す」という表現には、「同じ事柄について、もう一度考えてみること」の意味合いもあります。

例えば、「そのテストの問題について考え直していました」などの文章で使用されます。

「思い直す」と「考え直す」の違い!

「思い直す」「考え直す」の違いを、分かりやすく解説します。

「思い直す」「考え直す」もどちらも、「考えていたことを改めたり変えたりすること」を意味している点では似ている言葉ですが、「思い直す」の表現は「感情・気持ちを改めること」に意味の重点があり、「考え直す」のほうは「思考・考えていた内容を改めること」に意味の重点がある違いがあります。

また「思い直す」には「思い出・昔の出来事などをもう一度思い返すこと」の意味があり、「考え直す」には「同じ内容をもう一度考えてみること」の意味がある部分も異なっています。

さらに「考え直す」のほうが「思い直す」よりも、「今までに考えて計画していたこと(決めていたこと)を取りやめる」という意味のニュアンスが強くなっています。

まとめ

「思い直す」「考え直す」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「思い直す」とは「心に決めていたこと(感情・気持ち)を改めること」「考えていたことを改めること・思い返すこと」を意味していて、「考え直す」「考えを変えること・計画していたことを取りやめること」「同じ思考内容をもう一度考えてみること」を意味している違いがあります。

「思い直す」「考え直す」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典