スポンサーリンク

「思い違い」と「勘違い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「思い違い」と「勘違い」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「思い違い」「勘違い」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「思い違い」とは?

「思い違い(おもいちがい)」とは、「ある物事・人物について間違えて思い込むこと」を意味している言葉です。

また「思い違い」という表現には、「事実ではない間違った認識(思い込み)を持っているさま」といった意味合いがあります。

例えば、「約束した日にちについて思い違いをしていました」などの例文で使用することができます。

「勘違い」とは?

「勘違い(かんちがい)」とは、「たまたま間違えて思い込むこと」「偶然に間違った認識を持つこと」を意味している言葉です。

「勘違い」という表現は、「意図的ではなくて、うっかり間違えて思い込むこと」といった意味のニュアンスを持っているのです。

例えば、「噂話を聞いて、彼が私の悪口を言っていると勘違いしていました」といった文章で使うことができます。

「思い違い」と「勘違い」の違い!

「思い違い」「勘違い」の違いを、分かりやすく解説します。

「思い違い」「勘違い」はどちらも「ある物事・人物・現象などに対して、(事実と反していることを)間違えて思い込むこと」を意味している言葉です。

ただし「思い違い」のほうは「間違った認識(思い込み)を持っているさま」を意味していますが、「勘違い」のほうは「思い違い」よりも「たまたま(偶然に)間違って思い込んでしまった・意図的ではなくうっかり間違った認識を持ってしまっていた」という意味のニュアンスが強くなっている違いがあります。

例えば、「彼の人柄を勘違いしていました」のほうが「彼の人柄を思い違いしていました」よりも、「たまたま間違った認識を持っていただけ(間違った認識を修正しやすい)」というニュアンスが強くなります。

まとめ

「思い違い」「勘違い」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「思い違い」とは「ある物事について間違えて思い込むこと・間違った認識を持っているさま」を意味していて、「勘違い」「たまたま間違って思い込むこと・意図的ではなく反射的に間違って思い込むこと」を意味している違いがあります。

「思い違い」「勘違い」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典