スポンサーリンク

「思い違い」と「思い過ごし」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「思い違い」と「思い過ごし」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「思い違い」「思い過ごし」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「思い違い」とは?

「思い違い」の意味と使い方について紹介します。

「思い違い」の意味

「思い違い」は、「おもいちがい」と読みます。

意味は「ある事柄を間違えて理解すること」です。

「思い違い」の使い方

「思い違い」は、ある事柄を間違えて理解することを言います。

最初に見たり聞いたりした時に、その意味や内容を間違って思い込んでしまう時の表現です。

「約束は次の日曜日だと思い違いしていた」と言う場合、約束したのは次の日曜日だと間違えて理解していたのですが、実は別の週の日曜日だったことを表します。

同じ意味の言葉として「勘違い」がありますが、こちらの方が「ついうっかり間違った」というニュアンスがあり、「思い違い」「単に間違ってそう思っていた」というニュアンスがあります。

「思い過ごし」とは?

「思い過ごし」の意味と使い方について紹介します。

「思い過ごし」の意味

「思い過ごし」「おもいすごし」と読みます。

意味は「余計に考えすぎてしまうこと」です。

「思い過ごし」の使い方

「思い過ごし」は、あるものごとについて余計なことまで考えてしまうことを言います。

普通に考える流れや状況よりも、更に想像力を働かせてしまい、いらぬことまで考えて返って苦労する時の表現です。

「彼氏が浮気していると思ったが、思い過ごしだった」は、彼氏が他の女性と親密にしていると思い込んで心配していたのですが、そうではなかったと証明されたことを表します。

「思い過ごし」は、より悪い方向へ考えてしまい、そうでなかった時に安心するニュアンスで使われることが多くなります。

「思い違い」と「思い過ごし」の違い!

「思い違い」「ある事柄を間違えて理解すること」です。

「思い過ごし」「余計に考えすぎてしまうこと」です。

まとめ

今回は「思い違い」「思い過ごし」の違いをお伝えしました。

「思い違いは間違えて理解する」「思い過ごしは余計に考える」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典