スポンサーリンク

「怪文書」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「怪文書」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「怪文書」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「怪文書」とは?意味

「怪文書」は、どこから回ってきた文章なのか、信ぴょう性の他書かれている内容が胡散臭い文章のことです。

何故、このような文章が生まれるがですが、対象となる者に対して批判したり、脅迫を行う場合、「怪文書」という方法でどこからやってきたか分からない文章という方向で対象者にショックを与えるのが主な「怪文書」が生まれる理由です。

「怪文書」の概要

「怪文書」は、早い話が相手を誹謗中傷するために用いる文章のことで、相手に精神的ダメージを与えるためだけの存在です。

もしくは、本当に意味が無い文章で相手を混乱させるためだけに用いる方法が、「怪文書」でもあります。

なお、「怪文書」は文書とある様に文字である必要性があり、文字を認識できる媒体を通す必要性があります。

その為、絵などでは文書にならないので「怪文書」ですらありません。

「怪文書」の言葉の使い方や使われ方

「怪文書」は相手に精神的苦痛や恐怖を与えるほか、相手を混乱させるために用いるために文書で相手に受け渡します。

なお、相手に渡すのは、堂々と相手に渡すのではなく、こっそりと渡します。

「怪文書」を使った例文

・『この怪文書は、誹謗中傷にもなっていない』
この例は、「怪文書」が本来の誹謗中傷分出ないという例です。

このケースでは恐らく文書を作成したものは、相手を混乱させるためだけに文書を作成したと思われます。

・『怪文書が送られてきたが犯人に心当たりがある』
この例は、混乱させたり動揺させたり、恐怖させようという意図がある文章を送ってきた人物に心当たりがあるという例です。

「怪文書」は犯人を特定した場合、相手側の意図が読み解けるうえ、証拠となるのが文章群になるため、確証を持って文章が犯人の証拠であるとなり、犯人逮捕の証拠になることもあり得ます。

その上で、証拠である文章に指紋があれば、犯人は確定したうえで、犯人側の意図が正確に読み解けてしまうのです。

こうなると犯人は言い逃れできず、自分が相手を陥れるために文章を作成して送ったことを認めるしかないです。

まとめ

「怪文書」は、奇妙な文章のことで媒体は紙面が主でした。

ただ、現在ではインターネットが普及しているため、紙面での文章ではなくなり、犯人の特定も案外と簡単になってます。

紙面の「怪文書」は指紋が無いと犯人の特定が難しいのですが、ネットの場合、情報開示を求めれば、プロバイダーが情報を公開し、裁判を起こすことが可能なので、ネットでの「怪文書」は相手を脅す手段というよりも受けを狙う面白い文書という意味合いが強いです。

ネットはしかも、特定班という方々が文字を特定して誰が送っていそうな文章であるかを特定する人物たちもいるため、誹謗中傷で文章を構築することはかなり自殺行為で、「怪文書」はネットでは面白い文章に留めておくことがベストです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典