スポンサーリンク

「恐ろしい」と「怖い」の違いとは?使い方や例文も徹底的に解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「恐ろしい」と「怖い」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「恐ろしい」「怖い」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

もちろんですが、使い方や例文も徹底的に解釈しやすいように解説していきますので、参考にして役立ててみてください。

スポンサーリンク

「恐ろしい」と「怖い」の違い

ここでは「恐ろしい」「怖い」の違いについて解説していきます。

最初に「恐ろしい」の意味ですが、非常に心配して自分に危険が及ぶかもしれない場合に「恐ろしい」という表現・言葉を使う事が多いのです。

また程度の度合いが甚だしい場合にも、「恐ろしい」という表現・言葉を使うことがあります。

次は「怖い」の意味になりますが、「怖い」は何か危害を加えられそうで、近寄るのも懸念する場合にも「怖い」という言葉を使うこともあるのです。

そして、非常に実態が分からずに不明な場合にも、薄気味悪いという意味で「怖い」という表現・言葉になる場合もあります。

「恐ろしい」の意味

先ず「恐ろしい」の意味になりますが、「恐ろしい」とは自分や周囲の人間、若しくは国単位で何かよくない事が起こってしまい、その事柄が非常に危険である場合に「恐ろしい」という表現・言葉を使う事があるのです。

規模の方も大きく、収束するのに時間がかかる場合等にも「恐ろしい」という言葉が用いられます。

例えばですが、例の新型コロナウイルス感染症や日本が経験した戦争等に関しては、「恐ろしい」という表現がしっくりくるかと思うのです。

「恐ろしい」の使い方

「恐ろしい」の使い方としては、非常に程度が大きな危険な事が自分や国単位に降りかかってしまう場合に、「恐ろしい」という言葉を使うことがあります。

要するに自分一人では対処できないような危険な事が起きてしまう場合に使うことがあるのです。

「恐ろしい」を使った例文

ここでは「恐ろしい」を使った例文を書きたいと思いますので、是非とも参考にしてください。

・『過去の大東亜戦争は非常に恐ろしいものだった』

・『日本が経験した震災は恐ろしいものばかりだ』

・『あの会社に歯向かうのは恐ろしい』

・『スズメバチの猛毒は恐ろしい』

・『毎日の習慣になっている事が癖に出るのは恐ろしいことだ』

以上が「恐ろしい」を使った例文になります。

「恐ろしい」の対義語

ここでは「恐ろしい」の対義語について解説します。

「恐ろしい」の対義語は、「優しい」になります。

「優しい」というのは、非常に気持ちや思いやりがあり、他人を思いやる人等を指します。

また「優しい」の意味は、様子等が非常に美しい場合にも「優しい」という言葉を使うことがあるのです。

以上が「恐ろしい」の対義語の解説でした。

「怖い」の意味

次に「怖い」の意味を解説します。

「怖い」というのは、何か危害(実害)を他者やその他の事柄等によって加えられそうで近寄りたくもない度合いの場合に、「怖い」という表現や言葉を使うことがあります。

そして、自分が自信のない場合にも「怖い」と言うこともあるのです。

また実態や実情が不明で薄気味悪い時にも「怖い」と言うこともあります。

「怖い」の使い方

「怖い」という表現や言葉を使う時は、他者や他の事柄等によって自分が脅かされる場合に「怖い」と言うのです。

または自分が準備等を万全に整えたものの、どうしても自信や希望が描けない時に、「怖い」ということもあります。

次に全容が明らかにされていない事や不思議な力や現象等が考えられる又は起きる場合にも、「怖い」と表現をすることもあるのです。

「怖い」を使った例文

ここでは「怖い」を使った例文を書きますので、どうぞ役立ててみてください。

何か参考になれば幸いです。

・『あの方は迫力があって怖い』

・『夜道に一人で歩くのは怖い』

・『勉強をしてきたものの志望校を受験するのが怖い』

・『準備万端なもののちょっとしたアクシデントが怖い』

・『不思議な事が続いており非常に怖いんだ』

以上が「怖い」を使った例文となります。

「怖い」の対義語

ここでは「怖い」の対義語について解説します。

「怖い」の対義語は、「安い」or「平気」となります。

「安い」というのは、非常におだやかな様子を指す意味もありますので、「安い」というのが対義語になるのです。

そして、「平気」というのは、どのような状況下にあっても平常心を失うことなく自分を貫き物事をこなせる人等に用いられる場合があります。

以上が「怖い」の対義語の解説でした。

まとめ

最後にもう一度「恐ろしい」「怖い」の違いについてサラッと解説いたします。

「恐ろしい」というのは程度が甚だしく尚且つ自分の身や国に非常に危険なことが迫っている場合や降りかかってくる場合に「恐ろしい」という表現や言葉を使います。

「怖い」というのは、他社によって自分が脅かされてしまう場合や可能性がある場合に使います。

どちらかというと「怖い」というのは一般的に使いやすいと認識していただけると分かりやすいはずです。

その他にも、自分が自信がない場合(勉強や仕事で)や、怪奇的な出来事等に「怖い」という表現や言葉を用いることがあるのです。

以上が「恐ろしい」「怖い」の違いになります。

是非とも参考にして日々の会話等に役立ててくだされば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典