スポンサーリンク

「恨み」と「怨み」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「恨み」と「怨み」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

根にもつと同じような言葉は、色々あります。

この記事では、「恨み」「怨み」の違いを分かりやすく説明していきます。

言葉の違いに悩んだとき、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

「恨み」とは?

恨み(うらみ)とは、他人の振る舞いをうらめしく思うこと。

その人に対して、不快な気持ちを抱くことです。

心に引っかかりがあり、相手をうとましく思うときに用います。

恨みの「恨」は怨恨や長恨などにつかわれる漢字です。

怨恨(えんこん)は深いうらみのこと。

長恨(ちょうこん)とは、長い間忘れられないうらみです。

どちらも「自分ではない、他の人に対するネガティブな心情」です。

ちなみに恨とは「心のわだかまり」のこと。

過去に何らかのトラブルが起きて、不平不満などのうっぷんが溜まっている状態をあらわします。

使い方としては「長年の恨みがようやく晴れた」「彼女は隣人の恨みを買っていた」「有権者から恨み節の声があがった」などがあります。

恨みを買うとは、周囲の人から嫌われてしまうことです。

「怨み」とは?

怨み(うらみ)とは、他人のことを憎むこと。

また自分の不幸せを憂うことです。

恨みと悲しみが入り混じった、複雑な心境をあらわします。

怨みの「怨」をつかった熟語には「怨讐」「怨嗟」などがあります。

怨讐(おんしゅう)とは、かたきを取ること。

怨嗟とは怨んでなげくことです。

もともと「怨」という漢字には、他人の悪口を言うという意味があります。

また同時に、自分の不甲斐なさになげくという意味も込められています。

怨みたくなる相手がいて、自分の境遇にため息をつくのが「怨み」です。

使い方としては「怨みの雨が降っているようだ」「信長に対する怨みは、生涯消えなかった」などがあります。

「恨み」と「怨み」の違い

どちらも「うらみ」と読めるため、細かいニュアンスに迷うことがあります。

「恨み」「怨み」の違いを、分かりやすく解説します。

・日常生活で用いるのは「恨み」「恨み」「怨み」はどちらも、他人に対する憎しみという意味があります。

過去にプライドを傷つけられるような出来事があって、その人のことが憎くてたまらなくなるのが「恨み」「怨み」になります。

どちらも同じような負の感情ですが、日常生活でよく用いるのは「恨み」

「怨み」には生霊の怨みなど、ホラーに近い意味合いも含まれているからです。

歴史上の人物の思いなどを、想像して伝えるときにも用います。

よく使うのは「恨み」

滅多に使わないのが「怨み」です。

まとめ

「恨み」「怨み」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらも他人の過去の言動を憎らしく思うことです。

どちらも同じような意味が込められていますが、日常生活でよく使うのは「恨み」

使うシーンが限られているのが「怨み」です。

「怨み」は執念にも似た、とりわけ強いうらみをあらわします。

同じ読み方の言葉ですが、小さな差を知って正しく使い分けていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典