「恩を着せる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「恩を着せる」の意味

「恩を着せる」という表現は、「相手のために何らかの行動をした後に、そのことを殊更にありがたく思わせよう(感謝させよう)とするさま」を意味しています。

「恩を着せる」というのは、「相手のためにわざわざコストをかけて行動したということを強調して、ありがたく思わせたり何らかの恩返しをさせたりしようとするさま」を意味している表現なのです。

「恩を着せる」の読み方

「恩を着せる」の読み方は、「おんをきせる」になります。

「恩を着せる」の表現の使い方

「恩を着せる」の表現の使い方を紹介します。

「恩を着せる」の表現の使い方は、「自分が相手のためにわざわざその行為をしたということを強調して、相手に殊更に感謝させよう(恩返しさせよう)とする場合」に使うという使い方になります。

例えば、「無理に相手に恩を着せようとするよりも、無償の心で援助したほうが、後で助けてもらいやすいのです」といった文章で使えます。

「恩を着せる」を使った例文と意味を解釈

「恩を着せる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

「恩を着せる」を使った例文1

「恩を着せながら子育てしたことが裏目に出てしまい、成長して自立した子供たちは実家から足が遠ざかってしまいました」

この「恩を着せる」を使った例文は、「あなたのために必死に頑張っているということを殊更に強調した子育てをしたことが裏目に出た」という意味合いで、「恩を着せる」の表現を使っています。

「恩を着せる」を使った例文2

「彼は人のために無償で行動しているかのように見せて、いつも恩を着せてくるので一緒にいると重荷に感じてしまうのです」

この「恩を着せる」を使った例文は、「恩を着せる」の表現を、「いつもあなたのために私は行動したのだからありがたく思いなさいという感じなので、一緒にいると重荷に感じてしまう」という意味を持つ文脈で使用しています。

「恩を着せる」の類語や類義語

「恩を着せる」の類語や類義語を紹介します。

「恩恵を与える」【おんけいをあたえる】

「恩恵を与える」という表現は、「相手の役に立つこと、あるいは相手の利益になることをするさま」を意味しています。

その意味合いから、相手のために行動してありがたく思わせようとすることを示す「恩を着せる」と類似の意味を持つ類語(シソーラス)として、「恩恵を与える」という表現を指摘できます。

「貸しを作る」【かしをつくる】

「貸しを作る」という言葉は、「相手の利益や援助になる行為をしてあげて、後で同様な援助行為を自分もしてもらおうとするさま」を意味しています。

この意味から、「貸しを作る」という表現を、相手のために行動して後で恩返しをさせようとするさまを示す「恩を着せる」の類義語として解釈することができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典