スポンサーリンク

「恵体豪打」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「恵体豪打」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「恵体豪打」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「恵体豪打」とは?意味

「恵体豪打」は、恵まれた体で豪快に打球を打ち上げることで野球でいうとパワーヒッターのことです。

この言葉は、何でも実況という掲示板から生まれた言葉、「恵体糞打」という、恵まれた体から繰り出された打球が糞みたいなものだという言葉から派生した言葉になります。

よって、こちら側は、誉め言葉で体格を生かしてものすごい飛距離を飛ばすというものです。

「恵体豪打」の概要

「恵体豪打」については、野球などがまさに飛距離が重要であると述べたスポーツですが、実は、ゴルフも飛距離が大事で体つきがしっかりしている人物のほうが昔は大活躍ができたスポーツになります。

ですが、ゴルフは打球を打ち上げるクラブの進化とともに、実は体つきよりも、早くにクラブを振り速い速度でインパクトして打球を打つ方がゴルフボールにパワーが伝わるが故、だんだんと体の大きさは関係なくなりました。

ですが、ゴルフも元々は、「恵体豪打」と呼ばれていた時期があり、体つきがっちりした方々が大活躍をしていた時期が存在したのです。

「恵体豪打」の言葉の使い方や使われ方

「恵体豪打」は、野球で使用される用語で何でも実況において豪快に飛距離を稼いだ野球選手のことを指すために使用します。

「恵体豪打」を使った例文

・『(ゴルフにて)部長はとてもよくボールの飛距離を伸ばす、まさに恵体豪打だ』
この例は、ゴルフにて、部長と呼ばれる人物がとてもボールの飛距離を伸ばしている様子で、ボールを伸ばすことを可能としているのが、恵まれた体格であると述べています。

ただ、実は、案外とゴルフの場合、使用しているクラブによっても影響を受けるため、実は体つきが良く筋肉質であるが故にボールの飛距離が長いとは言い切れません。

・『恵体豪打はいまだ読み方すらわからない』 この例は、「恵体豪打」の読み方について述べており、実はこの「恵体豪打」は読み方すらまだ決まってません。

恵まれた体格を意味するが故、めぐたいごうだと呼ぶことが多いんですが、携帯や得体と読むことが可能であるが故、いまだ読み方がわからない言葉です。

まとめ

「恵体豪打」については、要は飛距離が重要なスポーツにおいて飛距離が伸びている人物に対して使用する誉め言葉で野球がその例になります。

他にもゴルフもこの言葉が誉め言葉になり、恵まれた体故ものすごくボールが飛ぶというのは誉め言葉になります。

ただ、ゴルフの場合、ものすごく体が細い人がすごく飛距離を稼ぐこともあるため、「恵体豪打」はゴルフにおいては当たり前で、むしろ細い人物がものすごい早いスイングで飛距離をたたき出している方がすごいと言われているのです。

しかも、ゴルフの場合、ただ単に飛距離を稼ぐだけではだめで、自分が望むラインにボールを落とすことも考える必要性があるため、「恵体豪打」にプラスする形でボールを望むところに落とす実力も必要なのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典