「悪化」とは?意味や類語!例文と解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「悪化」とは?

「悪化」という表現は、「物事の状態・状況が悪くなること」「怪我・病気などの健康状態が悪くなること」を意味しています。

「悪化」というのは、「物事の状況や健康状態などが、次第に(少しずつ)悪い方向に変化していくこと」を意味している表現なのです。

「悪化」の読み方

「悪化」の読み方は、「あっか」になります。

「悪化」の表現の使い方

「悪化」の表現の使い方は、「物事の状態(事態)・状況が悪くなっている時」「怪我・病気などの健康状態が悪い方向に変わっている場合」に使うという使い方になります。

例えば、「戦闘状況が悪化しているので早めに立て直しを図る必要があります」「怪我が化膿して悪化しているので心配です」といった文章において、「悪化」という表現を適切に使用することができるのです。

「悪化」の対義語

「悪化」の対義語を紹介して、その意味を説明していきます。

「好転」【こうてん】

「悪化」の対義語として、「好転」を上げることができます。

「好転」という表現は、「物事の状態・状況などが良い方向に変化してくること」「怪我・病気の状態などが回復に向かう変化を見せること」を意味しています。

その意味合いから、「好転」という表現は、「物事の状態・健康状態などが悪い方向に変わること」を示す「悪化」とは正反対の意味を持つ対義語(反対語)として解釈することが可能なのです。

「悪化」を使った例文と意味を解釈

「悪化」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「悪化」を使った例文1

「これ以上会社の業績が悪化しないように、早い段階で抜本的な経営改革とリストラを断行する必要があります」

この「悪化」を使った例文は、「悪化」という表現を、「これ以上会社の業績が落ち込んで悪くならないように」という意味合いで使っています。

「悪化」を使った例文2

「彼女の病気の容態が悪化しているので、もっと治療効果が期待できる新しい病院と医師を探そうかと考えています」

この「悪化」を使った例文は、「彼女の病気の容態(状態)が悪い方向に変わっているので」という意味を持つ文脈で、「悪化」という表現を使用しています。

「悪化」の類語や類義語

「悪化」の類語・類義語を紹介して、その意味を説明していきます。

「落ち込み」【おちこみ】

「悪化」という表現は、「物事の状態・売上などが悪い方向に次第に変わっていき落ち込むこと」を意味しています。

「落ち込み」というのは、「今の状態よりも物事・売上などが悪くなること」を意味する言葉です。

その意味から、「悪化」と良く似た類語(シソーラス)として、「落ち込み」という表現を指摘することができます。

「増悪」【ぞうお】

「増悪」という表現は、「悪い部分・要素が今よりも増えるさま」「病気・怪我などの状態が次第に悪くなっていくこと」を意味しています。

「悪化」という言葉には、「病気・怪我などの健康状態が悪い方向に変わっていくさま」「健康状態が衰えること」の意味合いがあります。

それらの意味から、「増悪」という表現を、「悪化」と近しい意味を持つ類義語として解釈できるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典