スポンサーリンク

「悪評が立つ」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「悪評が立つ」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「悪評が立つ」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「悪評が立つ」の意味

悪いうわさや批評が世間に広まること。

「悪評が立つ」の解説

「悪評が立つ」「あくひょうがたつ」と読みます。

意味は「悪いうわさや批評が世間に広まること」です。

現代はネット社会ですので、ある業者の商品やサービスに満足できなかった人が、ネット上で悪いレビューを投稿して、それが一般の人に段々と広まってしまうことを言います。

「悪評」「悪いうわさや評判」という意味、「立つ」「世に知れ渡る」という意味です。

ネット社会では、何も無かったところから急に悪いうわさが広まってしまうことがあるのです。

「悪評が立つ」の使われ方

「悪評が立つ」は、個人や商品などについて、悪い評価が広まる時に使われます。

「あのお店は店員の対応が悪くて悪評が立ってしまった」「あのエステは勧誘がしつこいとの悪評が立っている」などと言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典