スポンサーリンク

「悶々とする」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「悶々とする」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「悶々とする」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「悶々とする」とは?意味

悩み苦しんでいることです。

「悶々」「もんもん」と読み、悩み苦しむという意味があります。

「悶」は、もだえる、思い悩む、もだえ苦しむという意味を持つ漢字です。

「する」には数多くの意味があります。

おのずと感じられる、ある状態になる、動作や行為を行う、身につける、役目をつとめるなどの意味です。

「悶々とする」が意味する「する」は、ある状態になるです。

「悶々」という状態になることを意味しています。

「悶々とする」の概要

生きていると悩み苦しむことはたくさんあります。

そんなとき「悶々とする」ことがあるでしょう。

野球の4番バッターのことで考えてみます。

4番目は点を得られるチャンスが多く、優れたバッターが4番に選ばれることが一般的です。

4番バッターはバッティングの成績がよいのです。

しかし、ある4番バッターは思うようなバッティングを見せることができず、点を得られない状態が続いていました。

このままだと4番から外されてしまう可能性があり、また期待に応えることができず、本人にしてみれば思い悩むことでしょう。

このようなときに「悶々とする」ことがあります。

仕事が思うように進まないときも、このような状態になることがあります。

作曲家は音楽を作ることが仕事です。

しかし、いつもいつも、スラスラと音楽ができるわけではありません。

ときには何日も何も出てこず、考え続けることがあるでしょう。

そんなとき「悶々と」していることが珍しくありません。

どういった状況で思い悩むのか、人によって違います。

作曲家なのに音楽を作ることができず思い悩む人もいれば、「こんなときもある」「そのうちいいものが出てくるだろう」とたいして気にしない人もいるでしょう。

ある人にとっては悩むようなことではなくても、別のある人にとっては悩むことである場合があります。

本人が思い悩むのであれば「悶々」ということができます。

「悶々とする」の言葉の使い方や使われ方

人それぞれ思い悩むことが違うので、さまざまな事柄に使われています。

よく使われるのは、悩みを話せず、一人で考え続けてしまうときです。

「一人で悶々とする」などと表現をします。

「悶々とする」の類語や言いかえ

「悩む」が似た意味を持つ言葉です。

決めることができない、解決方法が見つからないなどして、心を痛めることをいいます。

解決方法が見つからないとき、あれこれと考えてしまいます。

たくさん考えると心が疲れたり、痛んだりすることでしょう。

そういったときの様子です。

「人生に悩む」「学校生活に悩む」などの使い方をします。

まとめ

生きているといろいろな出来事があり、それらに対処していかなければなりません。

ときにはどうしたいいのかわからず思い悩むことがあるでしょう。

そんなときに「悶々とする」ことがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典