スポンサーリンク

「情け」と「情けない」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「情け」と「情けない」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「情け」「情けない」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「情け」とは?

「情け」とは、他人に対する心遣いのことで、哀れみ、思いやりの感情のことを言います。

他に、男女の情事、人としての感情、風流の心といった意味合いもあります。

「人の情け」とは人からの優しさ、思いやりという意味です。

「情けを交わす」とは思いをかけ合うという意味で、情愛を交わすということでも使います。

思いやりのない人のことは「情け知らず」と言い表します。

このように「情け」とは複数の意味がありますので、前後にある言葉から意味合いを判断してください。

「情けない」とは?

「情けない」とは、期待や予想に反している時に「嘆かわしい」「残念だ」という意味で使います。

また惨め、貧弱、思いやりがない、無情といった意味もあります。

「我ながら情けないが、これが精一杯なのだ」「目先のことしか考えないとは、何と情けない奴」「情けないことを言うな」などと、使います。

「情け」と「情けない」の違い!

「情け」「情けない」の違いを、分かりやすく解説します。

「情け」とは他人に対する心遣い、哀れみ、思いやり、男女の愛情、風流の心、色事など、人の持つ感情を表す言葉です。

「情け」の下に続く言葉によって意味合いは変わってもきます。

その例の一つが「情けない」という言葉です。

「情けない」は期待、予想に反していて残念だ、嘆かわしいという意味と、「情けが無い」、つまり思いやりがない、無情といった意味と大きく分けて二つあります。

どちらの意味合いにしても、いい意味ではありませんので人に対して「情けない」と言う場合はあまりいい場面ではないでしょう。

本当のことを言って、相手が怒って攻撃的になることもありますので、使い方には気を付ける必要があります。

簡単にまとめますと「情けとは他人に対する心遣い、哀れみ、思いやり、愛情、風流など人の持つ感情」「情けないとは残念、ふがいない、貧弱、思いやりがない、無情」となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「情け」「情けない」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

「情け」の意味を理解すれば「情けない」も自然と理解できます。

「情け」を使った言葉は沢山ありますので、これを機会に覚えておくといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典