スポンサーリンク

「情報量が多い画像」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「情報量が多い画像」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「情報量が多い画像」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「情報量が多い画像」の意味

一つの光景の中に、複数の事象が同時に写り込んでいる画像

「情報量が多い画像」の解説

「情報量が多い画像」「じょうほうりょうがおおいがぞう」と読みます。

意味は、「一つの光景の中に、複数の事象が同時に写り込んでいる画像のこと」です。

写真を撮影する時にはメインとなる被写体がいるものですが、撮影した時に偶発的に様々なものが写ってしまうことがあります。

基本的に、被写体は笑顔でポーズして、背景に全く関連性のないものが写り込み、思わず笑える画像に対して「情報量が多い」と言います。

イラストよりも信憑性のある写真に対して使われ、「どうしてそうなったのか」と理解に苦しみますが、取りあえず笑えるものが一般的です。

最近になり「情報量が多い画像」としてツイッターやまとめサイトで紹介されたことから注目される様になりました。

「情報量が多い画像」の使われ方

「情報量が多い画像」は、偶発的に被写体と何の関連性もないものが写っている画像に対して使われます。

「情報量が多い画像のまとめ見てワロタw」「情報量が多い画像で一言選手権ができる」などと言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典