スポンサーリンク

「情弱ビジネス」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「情弱ビジネス」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「情弱ビジネス」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「情弱ビジネス」の意味

情報弱者向けのビジネス

「情弱ビジネス」の解説

「情弱ビジネス」「情弱」とは「情報弱者」のことです。

「情報弱者」は情報を得る環境が良くない場所にいる、知識、能力が十分ではないといった意味になります。

つまりネット環境があっても、検索する能力がないという場合は「情報弱者」となるでしょう。

そのような情報を上手く取り込むことができない人達を相手に商売をすることを「情弱ビジネス」と言います。

例えば「教材」「オンラインサロン」「情報商材」「投資勧誘」なども場合によっては「情弱ビジネス」になる可能性が高いと言えるでしょう。

「情弱ビジネス」の使われ方

「情弱ビジネス」という言葉を使っていくつか例を紹介します。

「情弱ビジネス」のイメージ、使い方などを参考にしてみてください。

「YouTubeに、上手い人のお手本いくらでもあるし、こんなDVDわざわざ買う必要ないだろう、情弱ビジネスに引っかかるなよ」

「ちょっと調べれば実績ないのはわかるんだけど、情弱ビジネスであの講師は相当儲けている」

「情弱は言われたらすぐに信じるし、情弱ビジネスは一番儲かる」

「あいつのやっていることは、たんなる情弱ビジネスだが、情弱は有難がって商材を買っている」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典