スポンサーリンク

「情弱狩り」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「情弱狩り」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「情弱狩り」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「情弱狩り」の意味

情報にうとい初心者を狙い、商品やサービスを売りつけるビジネス

「情弱狩り」の解説

「情弱狩り」「じょうじゃくがり」と読みます。

意味は「情報にうとい初心者を狙い、商品やサービスを売りつけるビジネスのこと」です。

インターネットについてあまり詳しくない、ネットビジネスについて知識がない人のことを「情弱」といい、「情弱」を狙って商材やセミナーなどに勧誘してくるビジネスです。

例えば、「LINEで定型文を送るだけで日給〇万円」などの募集があっても、普通の人ならば「そんなビジネスない」と常識的に判断できます。

ところが「情弱者」は、上手い儲け話を信用して登録してしまいます。

そのビジネス自体に登録料がかかったり、お金を請求されることはなく、業者が必要なのは登録情報です。

登録者から個人情報を入手して、商材やセミナー、マルチ商法など複数の方面から勧誘してくるビジネスに対して使われるのです。

「情弱狩り」の使われ方

「情弱狩り」は、ネット用語として使われます。

「情弱狩りに狙われるのは副業を探している主婦が多い」「友達が情弱狩りの被害に遭って後悔している」などと言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典