スポンサーリンク

「意味合い」と「意味」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「意味合い」と「意味」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「意味合い」「意味」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「意味合い」とは?

「意味合い」とは「意味」が合致するという言葉です。

この言葉は「意味」が物事が持つ価値観のことを指し、「合い」という部分が合致するという証明をしています。

つまり「意味合い」は物事が合致していることを証明しているのです。

「意味合い」の使い方

「意味合い」の使い方は物事に価値を見出すことができるかどうかを図る場合に用います。

例を挙げれば「意味合いを持たせる」「意味合いがない」という言葉を用いれば物事に価値を見出す点があっているかそうではないかを示すことが可能です。

「意味」とは?

「意味」は価値を示す言葉です。

この言葉は様々なものを勝ちとするため「意味」は歩かないかという表現をすることで価値があるかそうではないかを知らしめることが可能です。

「意味」の使い方

「意味」は価値を見出すかどうかを図る場合に用いる言葉で「意味がある」または「意味がない」とすることで価値があるかそうではないかとすることが可能です。

ここでいう価値は、何をもって「意味」とするかにより例を挙げれば、「戦うことに意味はない」と記した場合、この言葉は戦うことに価値を見出せるものではないとします。

「意味合い」と「意味」の違い

「意味合い」は価値観が合致することで成立します。

その為、「意味」と異なり価値という物に対して何かが加わらないとならないです。

このなにかは過去や未来から価値が後から賦与されることで価値観が増加することを指しますので、「意味」という言葉との違いは、価値観が増加するかしないかで「意味」はあくまで価値観を述べているだけです。

「意味合い」の例文

・『そのような意味合いがあったのですか』 この例は、「意味」という価値観が過去はわからない状況であったが現在になり価値観が分かり合致したという例です。

「意味合い」は価値観が合致することを指すので、この場合、過去から現在に至る過程で価値観が合致したとします。

「意味」の例文

・『別に深い意味はない』
この例は、深い価値観はないとする文章です。

「意味」としたのはお話が現在において全く価値がないとしたいが故「意味」としたのです。

これを「深い意味合いはない」とした場合、過去化現在進行形で価値観がない話であるとすることも可能です。

まとめ

「意味合い」「意味」の違いですが、「意味」は価値観そのものを指しますが「意味合い」は価値観にプラスする形で過去や現在に至るまで価値観が分からずともいずれ価値観が分かり合致することが意味合いになるため、現在進行形で話が進むのが「意味合い」であると言えます。

その為、両者の違いは、進行する価値観であるかそうではないかが違いになり、過去から現在、未来へと話がつながり合致することができれば、「意味合い」とすることで話が続いていきいずれ合致したと記すことが可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典