スポンサーリンク

「意思疎通」と「意志疎通」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「意思疎通」と「意志疎通」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「意思疎通」「意志疎通」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

それでは「意思疎通」の方から取り上げます。

スポンサーリンク

「意思疎通」とは?

最初に「意思疎通」の意味をご説明致します。

「意思疎通」(いしそつう)とは、お互いの認識していることを話し合い、お互いに理解することです。

もっと分かりやすくいうと、コミュニケーションになります。

「意志疎通」とは?

次に「意志疎通」の意味を解説していきます。

「意志疎通」(いしそつう)の場合は、先ず「意志」の意味から見ていきます。

「意志」(いし)とは、自分が絶対にこれをする、したくないという考えを指します。

意欲ともいえるでしょう。

よって「意志疎通」とは、お互いに意欲をもって取り組み、協力して結果を出すときなどを指します。

「意思疎通」と「意志疎通」の違いとは?

ここでは「意思疎通」「意志疎通」の違いを取り上げてみましょう。

「意思疎通」の場合は、お互いの気持ちや考えを話し合い、理解し合えることです。

「意志疎通」の方は、互いに意欲、やる気などを持つこと。

そして、一緒に協力して結果などを出すことになります。

後者の方が、団結力が強いといえます。

「意思疎通」と「意志疎通」の使い方の違い

この項目においては、「意思疎通」「意志疎通」の使い方の違いを説明します。

「意思疎通」を使うときは、お互いの考えを提示して、理解し合えることなどに使います。

「意志疎通」の場合、互いに目標を決め、その目標達成のために協力関係を良好にして、結果を得られるときなどに使うことが多いのです。

それぞれの使い方を見てみましょう。

前者の使い方
「生徒と先生の意思疎通が、きちんとされているクラスだった」
「やはり昔から知っている者同士の方が、意思疎通ができるので有難い」
後者の使い方
「長官は意志疎通が容易な、巡洋艦「高雄」を選んだ」
「意志疎通が整ったところで、早速準備しよう」

「意思疎通」を使った例文

ここでは「意思疎通」を使った例文を書いていきます。

・『意思疎通ができないのは、致命的といってもいい』
・『あの病院は、意思疎通がきちんとできている』
・『意思疎通を容易にするには、コミュニケーションを取る必要があります』
・『意思疎通がなっていない』
・『彼と意思疎通が、うまくいきません』

「意志疎通」を使った例文

最後の項目においては、「意志疎通」を使った例文を書きます。

・『意志疎通ができたので、ビジネスに取りかかります』
・『意志疎通ができなかったので、別々の道を歩くことになりました』
・『彼らと意志疎通ができれば、大きな仕事を得られるのだ』
・『意志疎通は簡単ではない』
・『意志疎通は難しいが、初めて分かり合えたときは、何ともいえない達成感がある』

まとめ

まとめとして「意思疎通」とは、お互いの気持ちや考えを話し合い、理解し合えることです。

コミュニケーションの色が強いでしょう。

「意志疎通」の場合は、お互いに意欲的に取り組めるものを見つけ、協力関係を築いて、目標達成に向かう際などに使われることが多い言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典