スポンサーリンク

「愚にもつかない」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「愚にもつかない」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「愚にもつかない」の意味を分かりやすく説明していきます。

「愚にもつかない」にはどのような意味があり、どのような使われ方をするでしょうか。

スポンサーリンク

「愚にもつかない」とは?意味

「愚にもつかない」「ぐにもつかない」と読みます。

「愚にもつかない」「馬鹿らしくて話にもならないこと」という意味があります。

「愚(ぐ)」には、「おろかなこと。

ばかげたこと。

その様子」
という意味があります。

馬鹿なことをするという意味で、「愚を犯す」などという使い方をします。

本当に馬鹿らしくて、話にもならないこと、また、くだらないことなどを意味する言葉になります。

言ってみれば、「愚かだと言えないくらい、愚かなこと」という意味があり、本当に馬鹿げたことという意味があります。

「愚にもつかない」の概要

「愚にもつかない」は、馬鹿らしくて話にもならないことを意味します。

誰かの話を聞いた時や、誰かの行動を見たときに、本当に馬鹿のようだと感じ、あきれ返るような場合に、「愚にもつかない」という言葉を使います。

「馬鹿」と一喝するような場面よりも、さらにくだらない言動をした人を見たときなどに、「愚にもつかない」という言葉を使うことになります。

「愚にもつかない」の言葉の使い方や使われ方

「愚にもつかない」は、馬鹿らしく話にならないという意味があり、そのような場面を見たときに、「愚にもつかない」という言葉を使うことになります。

例えば、自分についてのうわさがある時、そのうわさが否定するまでもないくらいばかばかしいと感じた場合は、「愚にもつかないうわさだ」などと言うことができます。

また、勤務している会社に、本当に馬鹿な行動ばかりする人がいて、まともに相手をするのも面倒だと感じるような場合、「彼は愚にもつかない男だから、相手をしないほうがいい」などという文章を作ることができます。

他にも、自分がこれから話をするとき、へりくだる場合に、「愚にもつかない話ですが、どうかお付き合いください」などと言う場合があります。

「愚にもつかない」の類語や言いかえ

「愚にもつかない」の類語に、「取るに足らない(とるにたらない)」があります。

「取るに足らない」には、「取り上げる価値がない」という意味があります。

例えば、会社にトラブルが起こった時、そのトラブルが些末で、対処するような必要がない場合、「取るに足らないトラブルだ」と切り捨てることができます。

また、人生を生きる上で、あまり意味のない悩みを抱えている人がいる場合は、「取るに足らない悩みを抱えるほど、人生は長くない」などという文章を作ることができます。

まとめ

「愚にもつかない」という言葉について見てきました。

馬鹿馬鹿しすぎて、話にもならないような言動をする人などを見たときに、「愚にもつかない」という言葉を使ってみましょう。

また、自分の言動が「愚にもつかない」ことになっていないかどうか、時々チェックしてみるといいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典