「感嘆の眼差し」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「感嘆の眼差し」について

人は常に多くの人から見られながら生活しており、様々な視線が集まります。

その視線の意味は様々ですが、時に「感嘆の眼差し」と表現されることもあります。

しかしこの言葉には異なる2つの意味合いを持つため、正しい意味と使い方の理解が求められます。

「感嘆の眼差し」の意味とは

「感嘆の眼差し」という意味を知るにあたり、「感嘆」とは対照に関心を向けたり感動する・刺激されることでため息や声が漏れてしまうことを意味します。

「感嘆」「感」には心が動くことを意味しており、感情を表します。

そして「嘆」には感情がこもってため息や声が出てしまう」ことを意味します。

そのため相手に対して褒める意味を持ち、その思いを込めて見つめることを「感嘆の眼差し」とされます。

しかし「感嘆」には異なる意味として悲しみの目を向けるという意味も持ちます。

「感嘆」「嘆」には嘆き悲しむ・泣くといった意味を持ちます。

それに感情を表す「感」が加わることでより意味が強調され、対象に強い嘆き・悲しみを持って見つめることとされます。

「感嘆の眼差し」の言葉の使い方

「感嘆の眼差し」という言葉は感嘆の感情を含めた視線を向ける・向けられているといった行動に対しての説明に用いられることが多いです。

そして多くは他者が視線を送る際、その様子にたいして適応します。

しかし日常の会話の中で用いられることは少ないため、文章・小説に加えて解説や説明が必要な時などに用いられます。

また「感嘆の眼差し」には良い意味もあれば同情的な意味も含まれています。

そのため使う際にはどのような意味合いで「感嘆の眼差し」とするのかも含めながら使うことが求められます。

「感嘆の眼差し」を使った例文

「感嘆の眼差し」という言葉は日常的に使う機会の少ない言葉のため、使い慣れていない人もたくさんいます。

同じ言葉で異なる意味を持つことからもどのような使い方が適切か、例文とその解釈を紹介します。

「感嘆の眼差し」の例文1

「私は友人の努力と成功に対して感嘆の眼差しを向けた」

ここでは友人に対して褒める・感動するといった感情を含めて使われています。

「感嘆」の対象は友人のこれまでの努力と成功に対してであり、それに対して心動かされたことを視線に込めてみている状況です。

「感嘆の眼差し」の例文2

「友人に『あの芸能人はこれだけ活躍しいてるんだから、もっと感嘆の眼差しが向けられてもいい』という思いを伝えた」

この場合、「感嘆の眼差し」が向けられているのは芸能人であり、その背景にはこれまでの活躍としています。

そして直接会話の中で「感嘆の眼差し」を使わず、それと同じ意味の思いを伝えたとされています。

「感嘆の眼差し」の例文3

「自身のミスに対して『これだけ多くの人から感嘆の眼差しを向けられるとは』と驚いた」

この場合、自身の起こしたミスに対しての周囲の反応を表しています。

ミスをした結果、同情的な意味合いでの「感嘆」の感情を含めた視線を受けています。

しかしその程度・量は想像を超えており、予想を超える「感嘆の眼差し」に驚きを覚えている状況です。

「感嘆の眼差し」の英語と解釈

「感嘆の眼差し」という言葉はその意味合いから英訳も多く存在しています。

一般的には「感嘆」を表す“admiration”「視線」を表す言葉が続くため、“look of admiration”といった表現となります。

また「眼差し」はしっかりと視ることとも表現されるため、凝視を意味する“gaze”という言葉に「感嘆」を表現する単語が続く英訳もあります。

「感嘆の眼差し」の類語や類義表現

「感嘆の眼差し」には様々な類語・類義表現が存在します。

どのようなものがあるか、例を紹介します。

「尊敬の念を向ける」

この場合、相手を敬う思いを込めて気持ちを向けると意味します。

「感嘆の眼差し」と意味は似ていますが、視線ではなく思いを向けるとされるため、類義表現とされています。

「賞賛の目で見る」

ここでの「賞賛」は褒め称えることを意味しています。

そしてその思いを含めた状態で相手を見るため、「感嘆の眼差し」と同義の扱いとされています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典