スポンサーリンク

「感服」と「敬服」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「感服」と「敬服」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

尊敬の念を表現する言葉としてよく使われるのが「感服」「敬服」ではないでしょうか。

いずれも「服する」という字を使い、印象が似ているので混同しやすい言葉です。

しかし、この二つの言葉には見落とせない違いがあります。

この記事では、「感服」「敬服」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「感服」とは?

「かんぷく」と読みます。

相手の技術や見識、能力などについて、全くかなわないと強く感じ、気持ちの面で服従することをいいます。

「感」は感動の「感」で、心を動かされていることを表しています。

相手の実績や行いに、心の底から尊敬や尊重の気持ちを抱くことです。

似た言葉に感心する、感銘を受ける、感嘆する、などがあります。

「感服」の使い方

「感服」が使用される代表的な例文をみてみましょう。

・『素晴らしい腕前に「感服」いたしました』
・『彼の勇気あるふるまいに、人々は「感服」しました』
・『彼女の丁寧な仕事ぶりには、いつも「感服」させられます』
・『あなたの素早く的確な対応に「感服」いたしました』
・『あの若さで、ここまで極めているとは「感服」の至りです』

「敬服」とは?

「けいふく」と読みます。

感心して尊敬の念を抱くことを意味します。

敬い従うことです。

「その人に付き従いたい」というニュアンスがあり、相手の人と成りをある程度の期間、見てきた場合に使います。

その人の性質や立ち振る舞いに対して用いるので、初対面の人やよく知らない人に対しては使いません。

後輩や部下に対しては不自然な使い方になってしまいます。

「敬服」の使い方

「敬服」が使用される代表的な例文をみてみましょう。

・『とても熱心な彼の研究心には、心底「敬服」します』
・『先生の深いお考えには、「敬服」いたしました』
・『彼女の忍耐力は「敬服」の外はありません』
・『仕上がった作品を拝見し、さすがプロのお仕事だと「敬服」した次第です』
・『どんな逆境にも決して屈しないリーダーの姿をみて、「敬服」の念を抱きました』

「感服」と「敬服」の違い

それでは「感服」「敬服」の違いを、改めて整理してみましょう。

いずれも「相手を敬い従うこと」という意味は同じです。

しかし「感服」が、相手の「仕事ぶりや行動」に対して使うのに比べて、「敬服」は、その人の「態度やその人自体」に対して使います。

また、「敬服」が主に目上の人に使うのに対し、「感服は」目下の人にも使えます。

使い分けるときは、対象が何であるか、また使う相手が誰であるかを意識して判断するとよいでしょう。

まとめ

この記事では「感服」「敬服」の違いをみてきました。

どちらも「相手に敬意を表す」ときに使われる大切な言葉ですが、「仕事ぶりや行動に対して使うか、態度やその人自体に対して使うか」、また「目上の人に対しても使えるかどうか」という違いがあります。

意味を正しく理解して間違えないようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典